上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
◎ TOP

mixiにて『カープを強くしたい!!』というコミュニティを作っています。
興味がある方は是非ともご参加してください。

mixiコミュ『カープを強くしたい!!』

目標は実際行動を起こしていくことです。

こういう気持ちで立ち上げました。
ぜひその想いだけでもご覧ください☆

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

新加入した3人の投手を並べて見ます。

















名前年度年齢
防御率試合数先発試合数被安打率被本塁打率与四球率奪三振率WHIP
ルイス200727AAA1.88151595.26.590.752.169.130.97
コズロースキー200726AAA3426817.890.893.448.891.26
シュルツ200727AAA3.92551789.810.464.155.771.55
名前年度年齢
防御率試合数先発試合数被安打率被本塁打率与四球率奪三振率WHIP
ルイス

マイナー通算3.55134129786.18.30.692.758.591.23
コズロースキー

マイナー通算3.432271278778.750.633.187.471.33
シュルツ

マイナー通算3.923022346.19.440.494.477.231.55
名前年度年齢
防御率試合数先発試合数




ルイス

AAA通算3.256666397.2




コズロースキー

AAA通算4.435815140




シュルツ

AAA通算3.861101139.2




名前GO/AO










ルイス1.5










コズロースキー1.15










シュルツ2.08












(緑枠が最も良い、赤枠が最も悪いです。
『マイナー通算』はAAA以外にもAAやA+といったのも含まれているため、比較できないと考え比較しませんでした。)

まず、ルイスは圧倒的に素晴らしい成績ですね。
年俸の高さもうなずけますし、何度も述べますが一番は自分の実力が出せない…つまり『怪我』が怖いですね

また注目してみたいのが、コズロースキーとシュルツがどのような成績をあげるかということです。
シュルツは他のスタッツはよくありませんが、被本塁打率の低く、そしてGO/AOが高いです。
(GO/AOについては以前の日記、もしくはこちらを参照してください。高ければゴロでのアウトが高く、低ければフライでのアウトが相対的に多いということです。)
コズロースキーは被本塁打率の高く、GO/AOは低いです。

球場の利はシュルツの方が圧倒的に受けられると推測できます。

しかしながら、他のスタッツはコズロースキーのほうがすぐれています。

さてこれがどういう結果をもたらすでしょうか。興味があります。



マルテは今年、序盤二軍では敵なしでした。
しかしながら、一軍では通用しませんでしたね。
その後驚いたのが序盤で敵なしだった二軍でも打たれた始めたことです。
一軍で彼本来の実力をだして打たれたというよりも一軍にあがって何かが崩れ打たれ、二軍に落ちてからも立て直せなかったのだと感じました。
6人目の外国人投手ではありますが、地味に期待している部分はあります。

日本人枠で登録できたらなぁ(遠い目



打者については、まず3塁は他の選手でパッとする選手がいない以上、よほどのない限りシーボルで決定でしょう。
来季も春先の弱さを発揮するかもしれません。
その時は温かく見守りましょう(笑)
何より現時点では他の候補が挙げられない状態ですからね。
もし他に少しでもキャンプ、オープン戦で調子がいい選手がいるのならば、シーボルにはしっかりと成績をあげれるまで二軍にいてもらいその間新外国人3名の適性をみるという方がベターかもしれません。
まぁ、いろんな意味で無理だとは思いますけどね(^^;)
あとは、左に対する強さと右に対する弱さには差がある選手であること追記しておきます。

アレックスは、今年が若干出来すぎたと言っていいと思います。
去年、一昨年のOPS.750程度ならば彼を追い越す選手は出てこないといけないと思うのですけどね。
今年一軍に定着していない外野の選手で言えば、中東、鞘師、天谷に注目です。
(どれも小粒ですね(^^;))


現状では、開幕の外国人枠はルイス、左腕コズロースキー、シーボル、アレックスになるでしょうね。
そしてその後、シュルツとマルテがどう絡んでくるかです。
コズロースキーよりもシュルツのほうが活躍する可能性は上記のデータを見る限り十分あります。

3塁はどうしようもないですが、外野は日本人の活躍で外国人投手枠を3名にできれば上にいける戦いができるかなと思います。

関連記事

スコット・シーボル選手についてどこよりも詳しく①
スコット・シーボル選手についてどこよりも詳しく②
コルビー・ルイスについてどこよりも詳しく
コルビー・ルイスについてどこよりも詳しく②
コズロースキーについてどこよりも詳しく
シュルツについてどこよりも詳しく


役に立ったと思った方は人気ブログランキングのクリック

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

スポンサーサイト

関連タグ : スコット・シーボル, コルビー・ルイス, マイク・シュルツ, ベン・コズロースキー,

ベン・コズロースキー

左投げ・左打ち

198cm・100Kg

1980年8月16日

年俸:5500万円+出来高2200万円


待望の左腕獲得ということですね。
今後、『左腕投手獲得』ということには細かく書いていこうと思っています。
NPBもMLBも左腕不足ですから良い左腕を取るということはそう容易いことではありません。

次に彼の成績は以下のようになっています。






年度年齢
防御率試合数先発試合数被安打率被本塁打率与四球率奪三振率WHIP
200726AAA3426817.890.893.448.891.26


マイナー通算3.432271278778.750.633.187.471.33


AAA通算4.435815140






まず、マイナーリーグでもAAAの試合数が少ないことからそれより下のリーグでの試合が多いことがうかがえます。
去年、一年間のAAAの成績が評価されてきたのでしょう。
個人的にぱっと浮かんだことは若いです。
年齢的な若さというよりも、まだ評価できる成績が去年一年間でしかありません。
そして、それが調子がよかっただけなのか、それとも今後もこのくらいの投球はできるのか、それとも成長途中での結果なのか
判断はできませんね。

ちなみに彼のようなAAAでの試合よりもAAでの試合数の方が多い状態できた投手は過去にウルソーがいます。
ちょうど年齢もコズロースキーと同じ年での来日となりますね。

さて、ウルソーと同様の成績で終わるでしょうか、それとも全く違う活躍を見せてくれるでしょうか。





2007年度
被OPS被安打率被本塁打率奪三振率WHIP

対左打者24.30.5473.70.378.881.07

対右打者53.70.7853.691.179.391.47


左殺しと言われるだけあって、対左打者への強さはやはり見れますね。
かなりの差がありますし、中継ぎの経験も豊富なので先発よりも中継ぎでの起用のほうがいいでしょう。





役に立ったと思った方は人気ブログランキングのクリック

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

関連タグ : ベン・コズロースキー,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。