上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

未分類

ここでは、「未分類」 に関する記事を紹介しています。
◎ TOP

mixiにて『カープを強くしたい!!』というコミュニティを作っています。
興味がある方は是非ともご参加してください。

mixiコミュ『カープを強くしたい!!』

目標は実際行動を起こしていくことです。

こういう気持ちで立ち上げました。
ぜひその想いだけでもご覧ください☆

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング


>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

スポンサーサイト
明けましておめでとうございます。




むのんです。







生きていますw







去年中に、新ブログを立ち上げるつもりでしたが、


相変わらずのぐずぐずぶりで、間に合いませんでしたw



去年の12月は、ほんとに酷かった。



上旬 退職を真剣に考え上司に相談

中旬 36時間ぶっ続けで働かないと終わらない仕事を引き当てる

下旬 人生初めての入院


って感じで、いやはや、いい経験をしましたw


今年はいい一年にしたいですね。ハイww


特に、健康については考えさせられましたね。


風邪などひかないし、皆勤賞だったんですけど、


ストレスってホントに体にくるんだなと実感しました。


皆さまもお体には気を付けてくださいね。





さて、今年の目標は、PDCAサイクルの徹底です。
(ニュービギニングさんのブログで読んで、自分の生活、仕事にも取り入れようと思いました)

去年から、取り組んではいるんですが、今年は徹底していきたいなと思います。



カープに関しては、報道が出る度に萎えてしまう。

監督支持率は20%をすでに切りました。

いやはや、この短期間でよくこれだけ悪手を打てるなと思いますよ。

単純に考え方が違うので、野村監督、大野コーチのやり方が、好結果を出す手段である可能性だってありますが、

私は賛同できない部分は多いですね。



自分の目の掛けた選手を使うためか、ハイリスク ?リターンなコンバートを選択したり、
マーティ政権で上手くいっていた投手コーチを人事異動で入れ替えてみて、優勝するための人事と言ってみたり

また、ルイスがいなくても今の戦力で戦えるというような投手コーチの発言もきついし、
わざわざ寒くなってる中で投げているのを評価(むしろ、暗黙の強制?)しているように思えてしまうし。
実力云々、効率云々以上に『練習すること』が過剰に評価されそうな空気も怖く感じてしまう。

外国人野手の選択をみると、長打というものの重要性の認識が薄いようだし、
監督もそれを希望しているように感じる。


「伝統のカープ野球」っていつのカープの野球なんだろうね。
どうも、91年など、ある一部の偏りの強い野球への拘りを強く感じてしまう。

①それが本当に効率的に勝てる野球なのか?
②それが、投資効率の良い野球、また、目指そうとして達成できる野球なのか?

主観的だけでなく、客観的な検証は正しくされているのだろうか。

どうも、そういう部分への検証が薄いまま、ファンもメディアも球団も印象だけで、
過剰評価しているように思える。

といっても、私も何もせずにあーだこーだは言えませんからね。
今後、データ検証はしていこうと思いますが。



1塁栗原 3塁フィリップス
投手成績は改善の傾向にあった以上、何もコーチを動かす必要もないと思うし、
(カープOB外で、実績のある投手コーチを入れるというような動きなら歓迎ですが)
ルイスと契約ができないなら、浮いたお金で即座にシコースキーとの契約に動くべき。

ハイリスクで、それでもって大したリターンが得られない選択に走っているように思えてしまう。


編成上の戦略として大切なのは、「計算できる戦力を揃える」ことだと考えるが、
それとは程遠い、未知数と野球のもつ揺らぎにかける、
編成の戦略としては、ナンセンスだと感じる。


まぁ、新年早々、こんなことはいうべきじゃないですかね。

久しぶりなので。



というか…だいぶ眠いので、ぐずぐずな文章失礼しました。







さて、皆さまにとって、2010年が良い一年でありますように。



本年もよろしくお願いいたします!

















>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング


ぜひとも、案をだしてください。

ぜひとも、案に対して建設的な意見を述べてください。


皆さんのお考えやご意見を聞きたいです。


もちろん、現状の『市民球団』にとらわれないご意見でも結構です。
オーナーを変えるべきだ、身売りをするべきだといったようなご意見でもかまいません。
具体的にどうすることが今後のカープを強くするためになるのか…



二年前、こんなエントリーで、このブログは開始しました。

そして、エントリー数は100以上を超えました。


多くの励まし、応援のコメントも頂きました。


何時間もPCに向かって文章を作ったこともありました。





そんな、このブログも本日をもって、一区切りつけたいと思います。





1週間連続投稿と6月に書きましたが、本当は、その時点で辞めようと思い、最後の花道として企画したのですが、企画倒れになってしまいました。



終わらせる一番の大きな理由は、「カープを強くしたい!!」というタイトルに見合うだけの水準のエントリー、アクションができていない、そしてしばらくできないということです。

先日、3時間以上かけて、このエントリーを書きました。
このくらいの主観だけではなく、客観も交えた文章を常に書きたいと思っていますが、時間を取りかかりすぎですね。

また、何かブログの輪を広げたり、mixiなどで、行動を起こすようなこともしていません。










『カープを強くしたい!!』



このタイトルをつけたあの時の嘘偽りない気持ちに見合う文章、行動ができていない今、




この冠は自分にとって重すぎると、思っていました。






それが一番の理由です。









まだまだ私は無知、無能です。


自分自身、もっともっといろんな勉強をし、知識をつけ、いろんな角度で物事を見れるようになる必要があると思います。


大竹が今後タイトルを取るくらいの投手に成長すると私は信じています。

数年前、大竹がファンから批判されていた時から、私は大竹はできる子!と応援してきました。


じゃー、大竹を応援する前にお前自身はどうなんだ?

大竹が、大投手になった時に、お前はただ、自分は見る目があったと悦に浸り、また、ブログで球団批判を繰り返すしか脳のない人間になっているのか?と。



私は大竹世代ですが、彼にも負けないくらい(いや、勝てるわけないですがw)
それでも、自分もがんばってきた、成長してきたと思えるように、向上するために時間を使いたいと思います。
(コメントで指摘されて気づきましたが、昨日のエントリーも、正しく分析ができていないんですよね。
主張が正しくても、あの過程は正しくないのかなと思います。
110億で球場を作ったとしても、最終的に支払うのは使用者であり、球団であるのですから、
あの記事で全額融資ということは銀行に返すか、市債を返すかの違いでしかない…んですよね。
webで公表されている新球場建設の企画書も見て、昨日の記事を書きましたが、
正しく理解ができていない、だから正しく分析ができていない。
にも関わらず、そこにありえそうな主張をもってきたら、私が批判している某メディアのミスリードと同じですからね。)



このブログを書いたことは、自分にとって大きくプラスになりました。

色んなことをこの2年間学んできました。


カープを応援することで、エクセルの使い方を知らなかった私が、相関係数を出すようになりました。
数字の見方により強くなりました。
(どちらも仕事にいきました)
あの時は自分の仕事上の売上高なんてわからずにカープの売上高なんて出していましたが、今はその売上高の予算達成に追われていますw


多くのことを学ばせてもらったブログ、サイトがありました。


今後も、そこでは学ばせてもらおうと思います。





そして、多くの方からコメントを頂きました。



このブログの更新が毎日の楽しみです。


と言ってくれる方がいました。


このブログを通して野球の見方が変わりました。


と言ってくれる方がいました。



自分が、野球のことが100%わかっているなんて、微塵も思いません。





ただ、こういう考え方もあるよということを発信し、







それを理解してくれる人がいた。






私自身が、心が震えたように、他の方が、私のブログで心を震わせてくれた人が一人でもいれば、









私はこのブログをやっていた価値があったと思います。















野球は奥が深いです。



そして、ある意味残念なことに、そこには探究することができる小さな小さな隙間があいている。



もし、完全に塞がっていれば諦めもつくところでしょうが、



1打席 1球1球と場面を区切っている野球は、データを取りやすく、他のスポーツとは若干違う。





だからこそ、過去の成功体験や、通説にとらわれて、新説に関して拒絶反応を示すのはもったいない。






そう思います。







例えば、今まで野球の10のうち2わかっていたのが、3わかるようになった。
絶対的に見れば、そんなのあてにならないと否定してしまうが、それでも過去との相対的に見れば、3でもそれは進歩です。

ただ、ある一方ではその3しかわかっていないのを、まるで全てわかったかのような態度を示す人間がいるため、反感を負うのかも知れませんね。
(私の過去のあるエントリーへの皮肉ですw)










去年は12球団の野球関連のブログがひしめく、人気ブログランキングでも皆さんの応援で一位を取らせていただきました。
自分のブログが認めてもらえたというのは非常に大きな喜びでしたし、いい思い出です。

皆様の、ご声援があってこそ、2年間、続けてこれました。



多くのコメントにこちらが力をもらいました。







ありがとうございました!










本当に本当にありがとうございました!







最後ですので、是非、皆様の↓拍手をお願いします。





>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

[最終回]の続きを読む
右上のアクセスランキングを見ていただければ、わかると思いますが、
yahooの、質問記事に佐藤剛の記事が晒されていますねw

さて、これも以前書いていた記事です。
これを書いたのが6月位ですかね。
そこから書く気力がでなくなりました。



2009/3/28 中国新聞の記事
 広島東洋カープが新広島市民球場(南区)の内装工事や観客席整備に
約22億円を投じることが27日、分かった。市、広島県、経済界、球団の負
担とたる募金で賄う本体建設費90億円と合わせ、「夢の器」づくりに、総額
で110億円余りが注ぎ込まれる。
 球団の独自負担の内訳は、概算で選手ロッカーやトレーニング機器など
の購入約1億円▽右翼2階席とコンコースの防音壁設置約6300万円▽ス
ポーツバーの内装工事約2000万円―など。
 球団だけが使用するロッカールームなどのエリアも床や天井張り、消火
用スプリンクラー設置の費用を負担。地元金融機関から全額融資を受け
る。入場券販売などのためのコンピューターシステム費と、現球場(中区)
からの事務所移転費はさらに別途負担する。



これから毎年、建設分と維持費の、費用負担を年間使用料(5.8憶×30年で維持費+土地代と建設費の市債分の充当?)を払うわけだが、





今回、それとは別に、22億円を「当然」と言って太っ腹に出せちゃうオーナー。






22億って、現在の選手の年俸以上のお金ですよ。






総年俸の1.5倍くらいあるお金ですよ。



十億以上は蓄えはありましたもんね。それを使ったんですかね。












この球団が何年Bクラスを続けているの?



何年、優勝から遠ざかっているの?



その中でも、応援するファンがいる。



そのファンにとっての一番は、綺麗な球場で試合をするのを見ることなのかな?




違う




勝利が一番、優勝が一番なんじゃないのかな?






どんな球場で見ようが、勝った時の帰りは喜びに溢れ鼻歌交じり、




負けた試合はぐったり。





私は勝利が見たいです。






選手の笑顔が見たいです。





胴上げが見たいですよ。







ビールかけが見たいです。













ずーっと優勝争いもできないチームのオーナーで悔しくないのかな?






もっとしたたかにできなかったのかな。









まだ、お金十分ありますってのならいいけど、あの補強を見て、これが納得できる?






私はできませんよ。








お金を蓄えてきて、それを決して選手に使わずに(ここ数年、総年俸は減る一方)





こういうところに、「当然」と言って出してしまう。









































カープを強くしたい














そんな気持ちを持って、あれこれ書いていたことが馬鹿みたいですよ。






お金を使えば、勝てるようになるスポーツではないです。




ただ、必要な補強をせずに勝てるようなそんな甘い世界ではないでしょう。









球場だけ魅力的になっても、



中身が伴わなければ、







本当の意味で魅力的とは言えないのではないでしょうか。







>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

結構前に書いてたんですが、出すタイミングを逃してしまったんで、来季予想と共に。

以下は今年の3月の中国新聞の記事です。

 広島東洋カープは25日、広島市中区のホテルで株主総会を開き、2008年決算を承認した。売上高は前年比8億900万円増で、過去最高となる71億円。当期利益も同2億300万円増の2億2000万円に達した。広島市民球場ファイナルイヤー効果で、1975年以来34年連続の黒字となった。

 チームは終盤まで3位争いをし、観客は前年比26万人増で歴代2番目の139万人。それに伴い、入場料収入が前年比4億1600万円増の27億5700万円に伸びたのが大きかった。

 新商品を相次いで開発したキャラクターグッズ収入は、前年比2億7800万円増の9億8700万円。半面、テレビ放映権料は16億7500万円で、ピークだった2004年のほぼ半分だった。

 松田元オーナーは「地域の方々に助けてもらい、深く感謝している。新球場で戦う今年も魅力的なチームをつくり、ファンに恩返ししたい」と話した。(五反田康彦)

こんな記事、あったの見落としていました。


予想以上に営業利益がを出していますね。

売上高



ここ数年の記事をまとめてみたものです。

放映権が落ち込む中、売上高は過去最高ですか。

市民球場ファイナルイヤー特需であり、そして今年は新球場特需ですね。


これで、浮かれている場合ではもちろんありません。
特需だからこそ、もっともっと勝つためにするべきことがあっただろうに。

そして、『今年も魅力的なチームをつくり、ファンに恩返ししたい』




うん。





これが、オーナーの恩返しの結果ですよ。











納得できましたか?








2009年売上高予想。




カープ売上高2009年予想


緑色が分かっている範囲。
白抜き部分は予想です。



今年は新球場イヤーでかなり客は入りましたからね。
また、グッズ売り上げも15億を予算として立ててましたが、かなり早い段階でクリアできそうというような記事を見た記憶がありますので、18~20億くらいなと予想してみました。


黒字に関しては、新球場への出資に、20億以上はしていたとは思うのですが、その負担が一年だけなのか、それとも複数年にわかれてなのかがわからないので。
いずれにせよ、そのくらいの余剰金はありましたよね。04年あたりの中国新聞調べで。
新球場の支出を0として、通常の支出だとしたら10億以上は黒字が出ているでしょう。



私が一番見たいのは、勝とうとする意思。




今年はこれだけ、客が入って、間違いなく過去最高益の売上高。




その中で、ファンへ何を見せてくれるのか。




一軍だけでなく、2軍の成績にも非常に危機感を感じる。





4人だけ切って、それで健全なる新陳代謝は行われるのか。





十分な収入はあったのだから、



今度は、本物の恩返しを、勝つ意思を見せて頂きたい。



>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。