上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

その他

ここでは、「その他」 に関する記事を紹介しています。
◎ TOP

mixiにて『カープを強くしたい!!』というコミュニティを作っています。
興味がある方は是非ともご参加してください。

mixiコミュ『カープを強くしたい!!』

目標は実際行動を起こしていくことです。

こういう気持ちで立ち上げました。
ぜひその想いだけでもご覧ください☆

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

お久しぶりです。

なんか、どこかで呼ばれた気がしたので、久々投稿です。

7日間連続投稿って言うのをしようかと思って、記事を作ってはいるんですが、そちらも、なかなか仕事が忙しくて、進んでいない状態です。

7月7日までには間に合わせたいなとは思っていますが、どうなることやら。


時間的に余裕もないので、大雑把に、交流戦以降の展望も含めて書きます。


まず、アンディ・フィリップスについて。

また、内野手ですかーいまいち、補強のポイントが私はいまいち理解できていません。

守備位置としてはAAAを含めてみれば、1塁2塁3塁をくまなくやっている。

3塁手としてはシーボルレベル、上手くないなっていうのがざっとみた感想です。

外野は、本当に守ってたことがあるっていうレベルですね。

08年まではMLBで3試合のみ、AAAでは経験なし。

今年は7試合ですか。

体系的にマクレーンよりはだいぶましだとは思いますが、経験値はそんなもんです。

メジャーでは積極的にボール球も含めて、振りに行くタイプ。そして、空振りが比較的多い。ストライクゾーンに来た球もね。
(一言で言えば、メジャーの投手には通用しなかったということかな)

すっげーシンプルにAAAとメジャーの間の成績を言えばOPS.780で、
悪くなく使われるだろうけど、それほどの破壊力はなしという感じ。

日本の野球に合うか合わないかに関しては、わからないとしかいいようがないですね。

もちろん、少ない試行期間でいい方に転ぶか否かってのもあるしね。

ただ、過去ラロッカやシーツが来た時と環境が大きく違うのでね。

打者にとってはありがたい球場から、酷な球場で、
初めから結果を求められる外国人にとってはつらい球場だなって思いますね。



今後、交流戦以降の展望については、得点する力もなければ、投手力だって不安。

そもそもプラマイ0の現状すら、個人的な見解で言えば、勝ちに寄り過ぎている感がある。

このまま、偏り続けることだって否定はしないが、「展望」としていうなら、やはり右によったら、次は左に寄るだろうって答えますよ。


打率はあがっていくでしょう。今のBABIPの低さを見れば。

ただし、この長打率(IsoP)が続くならば、打率が上がっても、どんなもんだろって感じはする。

投手に関しては、不安だな。

これでもよくやっていると思うよ。自分の中では出来過ぎだなって思うくらい。

そう思うってことは、まだ、それだけ自分の中で過去の広島市民球場のパークファクターから抜け切れていないってことなのかな。
他球場より、得点がとれやすい球場から、一気に他球場より得点がとれにくい球場に変化しているんだからね。

そりゃぁ、比較的打線が低調になるのも、投手が好成績をだすのも当たり前と言えば当たり前で、それぞれの数字の価値は変わっていて、適当に補正しておかないといけないんだけどね。

高卒数年目の前健、斉藤が防御率3点台かーって見るだけで、つい感無量になってしまうw



補強を何もなしで、現状でいくと、得点力はプラス、失点はマイナスの方向に行くかなと思います。

やっぱり強いチームには見えないけど、60試合を越して5割は上出来も上出来、上々出来。

この戦力で、普通に監督がやれば勝てるチーム、監督がすべてが悪いと評価している人を私は理解できませんよ。








オーナーに関しては、なんかやる気があるとか言われてますけど、
個人的には、脱力系オーナーで変わりがないですね。

あの方の発言を聞くと、どうも力が抜けてしまう。



がっくしって感じ。


それは、後ほど、7日間連続投稿で書きたいと思っていますが。






>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

スポンサーサイト
今日の試合は面白かった。

これが野球なんだなって。


打球は打たれた時点では、凡打でも、安打でもなく、ただの打球でしかない。

守備の網に引っ掛からなけらば、安打になるし
引っ掛かれば凡打になる

唯一、バットに当たった瞬間にある一定の地点をこすだけのエネルギーが与えられたものは本塁打になる

それ以外はいかに「快打」だとしても安打になる保証なんてない。


自分としては、五人内野っていうのは、あの状況では利にかなっていると思うし、もっと使われてもいい戦術だと思うんだけどね。
そもそも外野に打たれた時点でほぼ終了なわけですから。

もっと言うと、何も選手は決められた守備位置を守るっていうルールはないわけなのだから、もっと打者ごとに動きがあってもおかしくないと思うんだけど、
現在の守備体系(各打者によって若干動く程度)が最もBABIPを最小に抑えられる究極の形であるのは、きちんとデータ的にも間違いないのかな?

ほとんどが保守派だから革新的なことができない空気っていうのはあるかな。
五人内野手がyahooのトップを飾っちゃうくらいのニュースになってるっていうのが、その象徴でもあるかね。




さて、プロレスについて、コメントも頂けたので、もう少しだけ書かせてください。


プロレスを大して試合を見ずに、「八百長でしょ」っていう人いるけど、俺はそれは止めてほしいなって思うんだ。

プロレスって、特殊なものなんだよね。

スポーツ?格闘技?ショー?


どのスポーツでも格闘技でも、『戦い』は相手をいかに封じるかというのが重要。


野球で言えば、いかに野手に打たせないかというのに、投手は工夫する。



けど、プロレスって違うんだよね。


今日の朝、徳光さんが「プロレスは『受ける』スポーツ」って言ってたけど、ホントその言葉が自分の中でぴたっとはまった。


いかに、相手の技を受けるか、相手の魅力を引き出すか…



相手の魅力を引き出しながら、削り合いながら、それでも勝負は勝負っていうベクトルもあって。



矛盾しているんだよね。



だから、スポーツとも格闘技ともいえない。




一つのエンターテイメントであって、それを理解できない人は理解できないんでいいんだけど、


見もせずに「八百長」と否定するのだけは止めてほしい。


プロレスとは『受ける』ものであることを知った上で、これまでのどれでもいいから小橋×三沢戦を見て欲しい。


プロレスが合うか合わないかは人それぞれだろうけど、


ただね、その試合見たら、「八百長だ」なんて言う言葉は出てこないよ。




その言葉は余りに体張ってる選手に失礼過ぎる。








もちろん、ハッスルのようなものもあるけど、すべてをひとまとめにしてほしくないな。


そして、三沢光春は、その相手の魅力を最大限に引き出すことができる、最高のプロレスラーだった。


自分にとっての最高と思える選手がこういう形で亡くなるのは本当に残念でならない。







!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
次回の記事も待ってますって方、クリックお願いします。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

まさかだよ。

ホント驚いた。


社長としての過労もあったのかな。



最強なら小橋 最高なら三沢だと思ってたもんな。

武藤とは違う意味で上手いプロレスラー


相手の実力に合わせて試合を運べる…


素晴らしい選手だった。




そんな選手が、リング上で亡くなるなんて思いもしなかった。




先日、ロッテ戦で橋本の入場曲を聴いて、胸にぐっとくるものがあった。


まさか、三沢まで逝くなんて。





びっくりだ。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング


あと、中継ぎで書いておきたいなと思ったんですが、書けずにいたことを。
5/3に他の方のブログのコメントで書いたことを引用しますが…

現時点で彼ら(シュルツ、梅津)は勝ち星と同程度の試合数を出ています。
他球団には彼ら以上に出ている選手はいますが、それでもハイペースな起用であることには変わりありません。
目指す勝利を72勝前後とするなら、言ってみれば一年でその程度(勝利数=登板数)使って、『持つくらいのタフな選手』であるとは計算できて言える選手ではありません。
特に梅津選手には、07年の印象も強く、タフネスというのとは遠い所に私は位置ずけています。
同点の試合での、7~8回に優秀な中継ぎのもたらす恩恵は、非常に高い(2点差以上の9回を抑えるよりも)という研究結果も出ています。
となれば、やはりある程度の点差がついて切り抜けられる試合は勝ち担当の選手以外に負担してもらうっていうのは、やはりマクロで見たら絶対必要なこと。
7回4点差って言うのは、失点率9.00の投手でも勝てるってことですからね。
正直、そこの起用でひっくり返されたとしても、それを起用した側に矛先を向けるには無茶だなと。
(例え勝っても、相手が終盤何点かとって隙を見せた野球、相手に勢いをつけた…ていうばかげた論が出てくるんですよね…)
点差が離れた試合でも、僅差の試合でも同店の試合でも、いい投手を使って勝てっていうのは、現状の顔ぶれを見て言うには酷ですよね。
選択が絶対必要。


年間で見て、どの程度の勝ち星を計算して、使い方を考えて、ある程度の登板数なども考えて使わないと。

前回載せた、過去の記事を読んでいただければわかると思うんですが、
マーティの中継ぎに関してはかってたんですけどね。
ただ、今年は開幕一か月でこんな文章を書くくらい、らしくないなっていうのが正直な感想なんですよね。


前回も書いた通り…

戦力以上に勝ちを求め過ぎている。

例えば5割しか勝つ能力しかないチームで6割近く勝ちを目指したらぶっ壊れる選手が一人や二人でるのはいたって自然のこと。

ですよ。

マーティにしてみれば、今年で最後の可能性も高いので、何とかごまかしごまかしで結果がだせればという思惑があったのかもしれませんが、
チームとして、例え、そのギャンブルが成功したとしても、
長期で見てギャンブルだけではかっていけませんし、私はそういう戦い方は求めませんよ。
(梅津がつぶれずにあのまんまのペース、成績で一年もったら、大きな恩恵ですよね。
それを狙う使い方ってことです)

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

おれは、野村の時もそう思ったが、2000本安打、1500安打というものに興味なんてさらさらないし、
ましてや、試合を犠牲にして成り立たせるものだとは思わない。


1500安打打たなくたって、それまでの1499安打が否定されるなんてことは全くない。



1500目の安打が特別なものだとも思わない。





一本は一本のヒットでしかすぎない。














ただ、緒方の打席、そしてあの一打で涙が出そうになった。





これは前から変わりない。




代打「緒方」のアナウンスと歓声






そして、あの雰囲気と、あの打ち方






とにかく俺は緒方が好きなんだなと実感する






と共に





その感情が、正しくものをみれなくしているんだなと感じさせる。





その不純物に接しないために、ビリー・ビーンは試合を見なかったんだよね。







1500本の安打で記念の試合と解説は言っていたが、



記念?



あくまで節目の数字でしかないだろう。






102人目の・・・




正直、そんな冠は緒方にはつけてほしくはない。




緒方は緒方である。





最高の選手である。



例え、彼の引退を望んだ時にユニフォームを脱ぎ1500安打達成できなかったとしても、




彼の栄光の輝きが失われることは決してない。








1500という数字を節目としてこれまでの、彼の凄さを改めて実感する…



あくまで、その程度のものにしかないと私は思っている。








おめでとうではなく、






たくさんの感動をありがとう。





!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
次回の記事も待ってますって方、クリックお願いします。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!







>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。