上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

石井琢朗

ここでは、「石井琢朗」 に関する記事を紹介しています。
◎ TOP

mixiにて『カープを強くしたい!!』というコミュニティを作っています。
興味がある方は是非ともご参加してください。

mixiコミュ『カープを強くしたい!!』

目標は実際行動を起こしていくことです。

こういう気持ちで立ち上げました。
ぜひその想いだけでもご覧ください☆

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

まず、石井についてですが、やはり年齢が年齢だと思いますね。
今年で39歳。

まず、成績についてはグラフで。

石井のOPS


石井 第二の打率 長打率ー打率

OPS=長打率+出塁率 
非常にシンプルな作りなため、求めやすい。
得点との相関関係が比較的高い指標といわれる。
もちろん、絶対的な指標なわけではさらさらない。
新聞の記事などで打率がどうだから・・・と同じレベルで、筆者はよく使います。

第二の打率=(塁打数+四球+盗塁-安打-盗塁死)/打数
比較的再現性が高い指標。
また、安打を引いているのにも関わらず、得点との相関関係も高いニクイやつ。

打率=安打/打数

元々は、四球は投手の失策という、今から見ると正しいとは言えない考えが入った指標。
再現性も非常に低ければ、得点との相関も低いと指標として使い難いにも関わらず、
残念なくらい流通している指標。
得点圏打率といったように変形版も非常に好まれて使われている。

裸の王様的指標







顕著に見られる第二の打率の低下。その起因となるのが、長打力の低下でしょう。
横浜は、昨年は比較的飛ぶボールですからね。それで、この長打力(長打率―打率)。
今季、カープがどういう球を選択するかはわかりませんが、昨年同様比較的飛ばないボールになるとすると、うまく対応できるかという点でも不安はあります。
(出塁率ー打率・・・四球を選ぶというのもここ二年は下がっている傾向もあり)

守備に関しては、「うまい」とか「すごい」とか言われますが、守備で必要なのはどれだけアウトを取れるかということ。
どんなにフォームが綺麗な打者だろうが、打たなければ、それは評価されないのと同様に、どんなに素晴らしく見えても、実際の守備範囲、守備力と必ずしも一致しないもの。
例えば、去年の梵なんかは、悪い印象のほうがカープファンは強いかもしれませんが、数字では上位に入る結果を出しています。
算出の仕方で変わりますが、梵はごく平均のショートに比べて20点前後の失点を防ぎ、石井は平均並という結果があります。
(梵と東出の守備力に関して、1、3塁の守備の低さ(守備体形など、単純な守備力以外の影響もありか)の影響が他球団よりあり、より高い数値が出てる可能性はあるのではないかと見ています。
ただし、梵の守備イニング数の少なさを見ればやっぱスゴイ。)

カープの内野、特にショート、セカンドは非常に薄いです。
ですから、石井の加入自体には大きく反対ではありませんが、どういう起用法になるか…
現在、報道の影響があるのか、若干過剰評価かなという印象はぬぐえません。
セカンド、ショートで併せてみて4番手のが私の評価です。


「THE 石井」的な使われ方だとしたら、総合してマイナスになる可能性はあるかなと思います。



というのは、限られた数しかない選手枠の圧迫…












特別枠がすでに2枠あるでしょうからね。。。







さて、次は『あの人』について!







ランキング、拍手クリック、コメントで是非ヤル気をください!





にしても、裸の王様的指標ってうまい事言っているようで、全然的を得てないようにも思えるな(笑)



>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。