上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

チーム編成、戦力補強について

ここでは、「チーム編成、戦力補強について」 に関する記事を紹介しています。
◎ TOP

mixiにて『カープを強くしたい!!』というコミュニティを作っています。
興味がある方は是非ともご参加してください。

mixiコミュ『カープを強くしたい!!』

目標は実際行動を起こしていくことです。

こういう気持ちで立ち上げました。
ぜひその想いだけでもご覧ください☆

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング


やる気と多くの人に見てもらうため、ここクリックお願いします。!


何考えているんだろ。


中継ぎとしての適性(つまり、連投が利くか、登板回数が等級にどう影響するか)なんてのに、

答えを出すには確かに使ってみないとわからないことだけど、



また、それとも違うよなぁ。




その試合を勝つためにベストな投手を出すことが、ベストな選択ではない

どうしたんだろうな。

3連投はさせるは、ビハインドで二回投げさせるは…

マーティの中で評価していた部分が、今は見る影もないね。



中継ぎの起用に、工夫を凝らすこと、挑戦をすることも否定しない。

巨人、阪神の2チームに比べて年俸は半分以下の12球団最低年俸のチームが他球団と同じことをして勝てるかという気持ちもあるから。

例えば、中継ぎの出番による利得のプラスの最大化を狙った起用とかさ。

ただね、今やっていることは、前までの監督がやっていたことと大きな違いはない。
(それでも、ブルペンにおける負担は以前よりも減らしている…と信じてはいるが。)


現在の梅津、シュルツは勝ち星以上の登板数。

では、このチームが目指している勝ち星数はいくつか。
70以上でしょ。

じゃぁ、彼らが70試合以上を平気でこなせるだけの体力がある?

無理してそんな橋を渡らすくらいなら、出番をもっと選択すればいいだけの話。


結果、ぶっ壊れないかもしれないけど、それは結果論でしかないように思うな。





春を乗り切らないと、確かに秋はやってこない。

それは、そんな使い方をしないと勝てないチーム作りに問題があり。


短期的な視野じゃなく、長期的な視野でみないと。



その試合を勝つためにベストな投手を出すことが、ベストな選択ではない



どうしたんだろうな。何をそんなに焦ってるんだろ。

取れる試合をしっかり取りにいく。

あとは、他の投手に頑張ってもらう。それで試合を壊してしまったらそれはそれでしょうがないこと。












































残念だ。





>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

スポンサーサイト
「広島は出塁率が高いと聞いているので、私の前に走者が出てかえせればいい。4番をしっかりサポートしたい」。

笑ったよ。
出塁率が高いってどんなデマをおしえてるんですかw




本気で、左翼をやらせるつもりみたいだね。
俺は、選手を評価するとき、基本は得点力>>守備力って見ますけど、それでも、プロの選手としての最低限の守備力は持っているということが前提。

もちろん、全く見ていない以上、わからないし、無難にこなしましたっていう結果になれば問題はないけど。
けど、1500試合以上でてるのにスタメンでの外野起用が1試合しかない選手が、こなせるものなのかな。
逆に、こなせるとしたら、その程度のものってことか。

一番、憂いているのは、全く守れなくて、「やっぱり守備は大事だ」って変な方向に向かうこと。
大事なのは大事だけど、優先順位は違うし、彼の外野守備を基準にして考えることではない。


やっぱり現場は外野で使いたいって気持ちもあるんだよね。
このタイミングならば、外野手で一塁とか、3塁経験がありますっていう選手がベストだよね。


>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

マクレーンの獲得についてですが、このタイミングがどうも理解できないんですよね。

まず、中国新聞の紹介記事から。

広島は22日、米大リーグ、ジャイアンツ傘下の3Aフレズノに所属するスコット・マクレーン内野手(36)=193センチ、104キロ、右投げ右打ち=の獲得に向け、大リーグ事務局に身分照会した。近く入団交渉に入る。

 マクレーンは右の長距離砲で、2001年から4年間は西武でプレー。日本での通算成績は、出場320試合で打率2割3分3厘、71本塁打だった。05年に米国へ戻ってからは主にマイナーで活躍。08年は3Aで29本塁打、108打点をマークしたほか、大リーグでも2本塁打を放っている。守備位置は左翼や三塁など。

 広島は開幕から得点力不足に陥っており、チーム本塁打、チーム総得点ともリーグ5位と低迷。勝負どころでの代打や、交流戦での指名打者起用も想定し、マクレーン獲得に動いた。


左翼って、俺の調べた限りだと06年に1試合しか守っていないんですよね。
ほとんど、1塁か3塁です。

獲得報道があった時はまだ、栗原が怪我をしていませんでしたし、ドーマンが思いっきり崩れたわけではなかった。

得点が取れない試合が続きましたが、じゃぁその原因を野手にあげるとしたら、1・3塁手を変えて起用していれば問題なかった話ですかね?

数試合の結果から考えれば、栗原がブレーキになっていたかもしれませんが、彼はそれまで大きな得点力があったわけで。
それは、結果論としか言いようがないと思いますし、じゃぁ数試合打てない程度で、それまで結果を十二分にだしていたことで変えるというのはナンセンスですよね。

じゃぁ、シーボルはって、OPSは0.800前後で、少なくとも去年以上には得点力はある。
今の彼を認めれないならば、開幕前に獲得しておかなければ合点はいかない。
まさか、打率で判断なんて馬鹿な真似をしていなければ
去年よりはまし(去年だって大きく批判されるレベルではない)


捕手・一塁・三塁・二塁は得点力としては、平均以上にはあったが、じゃぁ、どのポジションが足をひっぱっているかというとショートであり、外野ですよね。

特に、外野はアレックスが抜け、去年、そこそこの結果が残せた嶋が開幕前からいま一つ。

このタイミングでの補強であるならば、外野手であるべきでしょう。





マクレーンを獲るつもりがあるなら、開幕前に獲っておくべき選手だと俺は思うんですよ。



本気でチームを強くしようとするのならば


余剰と言えるくらいの選手を抱えたっていい。


本気で、新球場でCSを目指すであるならね



結果、こういった栗原が怪我というようなことだって、可能性は0ではないのだから。

(というか、今獲るくらい執着するなら、去年獲って置いて欲しかった選手)



んで、今の状況を考えると、中国新聞で左翼と表記したのは何かしらの意図があるのかなとも思えてしまうんですよね。
実際は見てないのでわかりませんが、基本1・3塁を守っている104㌔の選手に、外野っていうのは、栗原に外野を守らせる以上に無理があると思うんですけどね。


素人が言うのもなんですが、どうも見方が甘いように思います。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

やる気と多くの人に見てもらうため、ここクリックお願いします。!


最近の文章を見ると、本当にまとまりのないとっちらかった文章だなって思いますね。
忙しいし、家でゆっくり書いているわけではないのでしょうがないかな。
書かないよりは、ましかなとおもって書いています。



さて、明日、開幕。

二遊間については週末でもいいかなと思うので、それ以外で書いておきたいところを。


まず、天谷選手について。

2008年の私の彼に対する評価は、一般的に受け入れられているより低いです。
なので、以前、「ただ試合に出ただけ」と述べました。
もっとやれるという期待もあったのですが、特に長打率が伸びてこなかった。

前回述べたように、カープの去年の得点力不足は長打率も一つの要因。
400打席以上たちながら平均を大きく下回る彼の長打率が、全体としての得点力の低下を招いていた可能性は決して否定できないはず。
ただし、その指摘はあまりされないよね。
それだけ、良い印象を持たれる結果の出し方だったんだろうなって思う。

去年の印象、評価がそのまま今年の選手の評価にあたるっていうのは違うと思っている。
再現性のお話しで、再現性が低いものでも印象を決めるものってたくさんある。
『おいしい場面での1安打で勝利に導いてお立ち台』
こういうのって、過去を評価する対象としてはありだとおもうけど、そのいい印象がそのまま未来に当てはまるかっていうと違う。
得点圏打率だったりもそうだけどね。
得点をとる一打 試合を決める一打 起承転結でいう『結』の部分を非常に大きく見てしまう。
だけど、起があって起きているなら、『起』も同様に評価されるべきなんだけどね。

なんで、そういう出方が彼はよかったのかなってのが私の印象。

ただ、彼は25歳。

やっぱり若さが何よりの武器だと思う。
去年、試合に出たことは大きな経験になったと思うし、経験にしてくれなければいけない。

打者のタイプとしては、二軍時代からよく四球を作れる選手。
長打がなくても、そこそこの四球は作れる選手は作れる。

あとは、長打力だけ。
別にホームランという長打力を期待するわけではなく、外野を抜けるあたりをコンスタントに打てる打者になって欲しい。

まだまだ25歳だもんね。
大竹と同い年。 

若いっすよね。

長打が出るようになれば、四球もよりつくれるはず。

どのくらいの成長曲線を描いてくれるか。

楽しみでもある。

スタメンとして使うなら長打率-打率が、0.1程度は欲しいな。せめてね。

打率はわからないですもん。400打席で0.26なら3割打つ可能性だって0ではないからね。

あとは、盗塁も、増えていってほしいとは思いますけど・・・二軍時代から盗塁成功率が想像以上に低いのでね。
その点も成長していって欲しいと思います。


さて、彼はスタメンですよね。

使われるからには、大きな成長を見せてもらわないと。




あとは、私のスタメンではずした選手で、期待感があるのは喜田。

積極的に見てみたい選手ではある。

特にDHが採用されるときはね。

ずば抜けて!とか、圧倒的!とはいえるくらいの長打力ではないだけど、やっぱりカープ内では優秀。

より成長してくれて、プラスしてちょこっとでいいので(特に最初の方に)打率が良い方方にぶれてくれればおもしろい存在。






ああ、今日も書きなぐったって感じですね<__>

やる気と多くの人に見てもらうため、ここクリックお願いします。!

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

やる気と多くの人に見てもらうため、ここクリックお願いします。!



意外?に高評価なのは…09年セ・リーグ順位予想


【宮脇広久(野球担当)】

 1位は広島とみる。チーム打率は、CS進出を逃した昨年でさえリーグトップの.271。両翼91.4メートルの広島市民球場から、左翼101メートル、右翼100メートルの新球場へ移ることにより、機動力を生かした攻撃に拍車がかかるはずだ。

 巨人と広島とでは、補強にかける額が両極端だ。ひと一倍の“経営努力”を傾ける巨人の投資戦術にも敬意を表したいが、一方で広島の、乏しい資金から大きな成果を生み出そうとする工夫に注目したい。不況下でサラリーマン諸氏はやれ経費節減だ、やれ夏季賞与大幅ダウンだと、金銭面で閉塞感を味わっているはず。

 そんな中、WBCの連覇達成に続いて、広島のようなチームが頑張れば、日本を元気にできるのではないか。



ちょうど、先日紹介した打順の自分なりの選び方についての記事を書こうとしていたら、いい記事があったので、引用。
何故東出を選択しなかった理由の一つにもなりますので。
(2遊間については別の記事で述べます。)


去年のチーム打率1位ではありますが、カープの得点は5位の537点です。
(改めて、面白いなぁって思うのが、NPBの公式のチーム打撃の並び方が打率順で、チーム防御が防御率順。 打撃は安打を打つことではなく得点をとるためのものだと私は思うんですけどね。
本質からずれているはずの『打率』ってやつ順ってことは、こいつがいかに蔓延しているかをよくあらわしていますよね。)


では、何故、打率1位なのに得点が取れなかったのか?


打てるチームなのに、得点が取れない、効率が悪いからだ、野球脳が低いせいだ、ケースバッティングができてないからだ・・・



打率というものを中心に考えると、どうも根本的にずれてしまいますね。

もちろん、ミクロで見れば、いろいろな理由があるかもしれません。エンドランという作戦というのもその理由になるかもしれませんが、

『大』・・・マクロで見れば、去年の打撃成績で得点に結びつかないのはごくごく自然なんですよね。


まず、長打率が4位 出塁率が同率3位で、OPS(長打率+出塁率)が最下位。

それぞれの打撃成績からの得点期待値をだした、XRも最下位。



言ってみれば、得点不足の理由は至極簡単。


単純に打力不足から来ているもの。


安打は比較的でるが、長打が少ない、四球が少ない。


特に、いくら比較的飛びにくいボールを選択しても、あの市民球場で長打率が最下位とほとんど同じくらいの4位ですからね。


『長打が増えれば、得点が増え、四球が増えれば得点が増える』


すっごい簡単なこと。

なら、実際、獲得が可能な候補の中で、今のカープの選手より長打と四球が取れそうなのが、中村だと思った。
シーボルよりは、せめてましだろうと。

もちろん、井口だって、補強ポイントには合致している。


新球場で、勝つことに執着すれば、補強するくらいの意気込みを見せて欲しかったが、
カープ内でそこそこの長打率を誇っていたアレックスがいなくなった。


広くなる球場だから、『足』『機動力』だ!
では、それがどの程度相手より相対的に見て、得点にプラスに傾くんだろうなぁ。

広い甲子園・・・
F1セブン…2001年の阪神の得点力は悲惨としかいいようがなく、
2003年、金本(2002にアリアス、片岡補強)補強した年がずば抜けた得点たたき出しているもんね。
(ちなみに金本は本当にすごい。長打が打てて、四球が取れる。
生涯成績を見ると、並外れた得点力ですね。
こういう選手がいてくれればどんなに楽かって思います。)



打てて足がある!ならいいんだが、広くなったから優先的に足のある選手という選択なら違いますよね。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。