上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
◎ TOP

mixiにて『カープを強くしたい!!』というコミュニティを作っています。
興味がある方は是非ともご参加してください。

mixiコミュ『カープを強くしたい!!』

目標は実際行動を起こしていくことです。

こういう気持ちで立ち上げました。
ぜひその想いだけでもご覧ください☆

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

ブラウン監督 CS逃せば今季限りでクビ2009年8月4日(火) 9時28分 デイリースポーツ

 広島がクライマックスシリーズ進出を逃した場合、マーティー・ブラウン監督(46)を今季限りで退任させる方針を固めたことが3日、明らかになった。昨オフはAクラスを条件に続投という契約を結んだが、今季はここまで38勝49敗3分けで借金11の5位。3位ヤクルトとは12ゲームの大差。“逆転続投”を勝ち取るために外国人指揮官はハイペースで勝ち続けるしかない。
  ◇  ◇
 球団は昨オフにブラウン監督と結んだ契約内容どおり、ブラウン監督の来季以降の去就について方針を変えないことを確認した。昨オフは今季3位以上で契約を延長する取り決めをしたが、Aクラス入りを逃した場合は今季限りで、契約の延長はしない。
 チームはここまで90試合を消化し、借金11。3位ヤクルトとは12ゲーム差とクライマックスシリーズ進出へピンチに陥っている。ブラウン監督が来季続投を勝ち取るためには、残り54試合で奇跡的に巻き返し、CS進出を果たすしかない状況だ。
 球団は新球場元年の今季はファンのためにも何が何でもAクラスを目標に掲げている。惜しみない投資でブラウン体制をバックアップ。シーズン中にマクレーンとメジャーリーガーのフィリップスを獲得。この外国人補強に加え、補強期限ぎりぎりの7月31日までトレード調査を進めてきた。
 それでも交流戦後に失速が目立ち始め、現在は3位争いとは“無縁”の5位に沈んでいる。この現状に球団関係者は「これだけお客さんが来られているのに申し訳ない」と史上最速の観客動員100万人を突破した中での低迷ぶりを憂いた。
 もちろん今後、順位を含めてチームがどう推移しようとも球団はシーズン最後までブラウン監督に指揮を執らせる方針に変わりはない。ただし、Aクラス入りが消滅した時点で来季以降の契約を更新しない旨を本人に通達する。
 一方で、各方面から疑問の声が上がっているさい配について球団関係者は「現場のことには介入しない」と話し、今後も全面的に指揮を任せる考えだ。だが、その代わりにあくまで結果が出なかった場合、退任の形で責任をとってもらう
 また仮にブラウン監督退任となった際の新監督人事について現段階では全く白紙の状態だ。
 昨年は借金1で全日程を終了。惜しくもAクラス入りを逃したが、球団は“温情”と期待を込めてブラウン監督の続投を決めた。さらに今季、優勝した場合に現年俸の倍額の報酬を支払う破格の出来高契約を決定。士気を高めたが、今はその“ニンジン作戦”も効果が上がってはいない。
 背水、そしてがけっぷちの4年目。ブラウン監督が総力を結集して残り試合に臨む。




苦笑い。


最近、書く気力が出ないんです。

そもそもプラマイ0の現状すら、個人的な見解で言えば、勝ちに寄り過ぎている感がある。

このまま、偏り続けることだって否定はしないが、「展望」としていうなら、やはり右によったら、次は左に寄るだろうって答えますよ。

補強を何もなしで、現状でいくと、得点力はプラス、失点はマイナスの方向に行くかなと思います。

やっぱり強いチームには見えないけど、60試合を越して5割は上出来も上出来、上々出来。




あまり、ここ最近の試合の一部を取り上げて見るのはよくないことだなとは思いますが、
(残り50試合を見ていうべきこと)
特に勝敗に関しては後半戦の展望で述べたとおりですね。

かなり勝ちに寄り過ぎていましたからね。

これだけ、負けによることがあっても不思議ではないですね。

○と×が、交互ではなく、連なってでて、チーム力通りの勝敗に収束しているだけ。



別に、もともと弱いと思ってたチームが負けているわけですから、

チームが負けがこんでいるかやる気がなくなっているわけではないんです。

想定通りですから。



ただね…


戦略に関しての指摘を行わずに、戦術だけの問題として処理しようとしているメディア

『機動力野球』を恣意的に取り上げて賛美を送る盲信とさえ思えるメディア




そういうのに辟易としているんです。


どんな武器を用意したか(戦略)、その武器で勝てるかどうかに関しては何も触れずに、

現場で指揮を振るった指揮官の用法(戦術)のみを責めて、




それで、何が変わるのかっつーの。



今、最も責められるべきのは、武器を用意した人間でしょ。

にも関わらず、惜しみない投資とか、何バカなこといってるんだっつーの。


球団がアレで、メディアがコレじゃ、


今まで何回も繰り返してきたことをまた、繰り返すだけでしょ。






野球なんで、たまに勝つことありますよ。

外国人を大当たりを上手い具合に引けば、ちょっとは上にいくことだってあるでしょう。


ただ、そんなんの強いチームだなんて呼べませんね。

それで、優勝なんてものが本当にできるんですかね。


今のままで、監督がかわっただけで、優勝なんてできるんですかね。

Aクラスは最低狙えるチームになるんですかね。


私は、ならないと思いますよ。





戦術は責めやすいです。


そこに責任を求めることは簡単です。


ただ、もっとある責任の所在を明確にしなければこの球団が強いチームになれるとは思いません。


自ら、強くなるための一つの手段を手放しているようでは、お話しになりません。



この球団に足りないのは、お金よりも、とにかくチームを強くしてやろうという気持ちなんですよ。


過去に捉われ、固定概念に捉われ、そしてお金がないのを言い訳にして。





「これだけ、お客さんが来てくれているのに申し訳ない」


本当にそう思っているんですかね。




というか、この戦力でどのくらいの得点、失点を計算していたか教えてほしいです。

そして、どのくらいの戦績を計算していたか教えてほしいです。



会社が売上の予算を立てます。

売上実績が予算からそれたら、その理由はもちろんですし、また予算の精度を上げようとします。

それが、会社としては当たり前のことですよね。




今回、どの程度の得点と失点の『予算』を立てたか



本当に、今のこの時期に、貯金が作れている計算ができていたんでしょうか。



そして、もしはずれたとしたら、当然はずした理由であり、反省が必要です。

その反省を繰り返して、より精度をあげていくもんです。

そして、進歩していくものでしょう。


この球団は当然、すべきだろうそのことを、どの程度しているんですか。



机上の計算通りいかないのはもちろん。


ただ、机上の計算もせずに、何がチームづくりですか。何が編成ですか。





今の勝敗の結果なんて、始まる前に想像できる結果。

何の意外性もない。


そのチームを作ったのを監督だけではないことを、球団の人間は当然、自覚していますよね。



何勝を目指し、補強を行ったのか



そして、得点と失点はどのくらいになると計算をしたのか




何が原因でずれたのか、



球団としてのどういう考えがあったのか、監督のせいばかりにするのではなく、示してほしいです。




自分としては、そもそもの戦力から言って借金を作るのは当然の結果だと思っていますが。










最後に、


各方面から疑問の声が上がっているさい配について球団関係者は「現場のことには介入しない」と話し、今後も全面的に指揮を任せる考えだ


その言葉、偽りでしょ。

大した武器も用意できないのに、ある宝刀に関しては、使える使えない度外視にして使うように指示しているでしょ。






全てを、マーティ・ブラウンのせいにして、





球団は何も変わらず、そしてメディアは何も言わず、














ファンも何も言わなければ、この球団は何も変わりませんね。












自分は、最初に書いた通り最も大事なところを指摘しないメディアと

何の学習もみられない球団に呆れてしまって、脱力しています。

久しぶりに書いてもこんな記事ですからね。

こんな、愚痴レベルを睡眠時間を削って書いているんですから、なおさらあほくさいですね。




駄文、失礼しました<__>

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。