上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

復活

ここでは、「復活」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング


復活!!!!



時間ができたわけではないので、更新はどの程度になるかわかりませんが、とりあえず常時ネットのできる環境にはなりました(`・ω・´)
って今までも適当に更新してましたけどねw



下がりに下がったランキングのクリックお願いします<_ _>

☆人気ブログランキング☆


☆にほんブログ村 広島東洋カープ☆



さて、書きたいことはいろいろありますし、いろいろ分析もしたいですが、



昨日、スポーツ新聞の一面を見て、複雑な気持ちになったことから。



『日本人初!黒田』そんな見出しで一面をかざっていた黒田。


そして、『不敗神話 新井』そんな見出しで一面を飾っていた新井。



メジャーでリーグ首位との2.5ゲーム差 そのチームを成績でみれば紛れなく『牽引』している黒田

首位をひた走る阪神の主軸として活躍する新井



彼らが望んだ『環境』の中で、戦いをしている



その一方で、またカープはきっと彼らが想像していた通りの『いつもどおり』の順位で『いつもどおり』の戦いを繰り返している



正直、悔しい



無茶苦茶悔しい




昨日付の日経新聞に黒田の記事が載っていた。




黒田「カープ魂」脈々と

そんな見出しで彼についての記事が書かれていた。


そして最後はこう締めくくられている


長くドジャースの監督を務めたトミー・ラソーダは「(チームカラーの)ドジャーブルーの血が私には流れている」と自慢するので有名だ。
あなたも青い血を流すようになりたいですか?
「現時点で判断するのは難しいけれど、今はこちらで目いっぱいやるだけ。でも僕の原点はカープでの11年間」と黒田。
ドジャーブルーに染まっても、心底にはカープの赤い血が流れ続ける。




でも僕の原点はカープでの11年間


彼は06年にFA宣言をしないと決めた時、このチームで優勝したいという旨の言葉を述べた。

彼は、やはりカープを好きだったんだろうしこれもまぎれもなく一つ本音だったんだと思う。


それでも、どんな言葉を言おうが彼がカープから出て行ったのはまぎれもなく事実。


それは新井だって同じでしょ。


黒田は良くて、新井は悪なんて見られがちだけど、おれから見れば二人とも気持ちもやっていることもたいして変わらない。


彼らがカープでは得られない『モノ』を求め、そしてその『モノ』を今のところはほぼ100%得ているようにみえる。


そして、その『モノ』は今のカープの中では決して得られないだろう。。。



『でも僕の原点はカープでの11年間』

『つらいです。カープが好きだから』







おれは、悔しい。



すっごい悔しい。




試合をしている監督、コーチ、選手を責めようとは思わない。



少なくともシーズン前にこれでは厳しすぎると分析したのだから。



そんな戦力しか提供できなかった人間たち。




彼らに聞きたい。





「悔しくないっすか?」






「これまでにこのチームのために、この球団のために全力を尽くしてきましたか?」






悔しい…黒田の活躍と今でもあるカープへの気持ちが





悔しい…カープが大好きだった新井の阪神での活躍が





この気持ちを癒すのはチームの勝利だけ



頑張れ!選手たち!



スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
黒田は奥様が広島の方という事もあってかカープファン、広島メディアを敵に回す事を極端に恐れているという印象ですね。対して新井は関西マスコミ、阪神ファンという強力な盾に守られているためカープファンに媚びる必要がなくなっただけでしょう。少なくとも彼らが本気でカープを愛していたとはとても思えないのです。フロントが本気で勝ちに行く姿勢を見せていたら2人の移籍はなかったと思っていらっしゃるのならそれはちょっと違うんじゃない?とツッコミたくなりますね。移籍を正当化させてしまう理由を作ったカープフロントが万死に値するのは確かですが。
2008/05/25(日) 19:37 | URL | 関西のカプファン #-[ 編集]
関西のカプファンさん、こんばんわ☆

>少なくとも彼らが本気でカープを愛していたとはとても思えないのです。


まぁ本人の気持なんぞ我々にはわかるわけないですけどね。
ただ、ファンとして彼らのカープにいた頃の発言を信じたいなと思うだけです。

>フロントが本気で勝ちに行く姿勢を見せていたら2人の移籍はなかった

黒田に関してはわかりませんが、新井に関してはもっと早い段階で同じような形で選手に金を使う球団になっていたら移籍があったかというと『?』ですね。
良い方を変えれば90年代の晩年最下位だった阪神だとしても彼が移籍していたかというとそれはないと思うわけです。
2008/06/22(日) 22:03 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/106-207b0229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。