上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

『命がけ』

ここでは、「『命がけ』」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

プロ野球界の常識に挑戦…どっかそういう面も持って書いていますので、『共感』を得にくい記事を書いているだろうなと自覚しています。

しかしながら、前回の記事に関しては、拍手が多くいただけた、つまり多くの方に共感していただけたというのは非常にうれしく思っています。




そして、今日栗原がブログの更新を見て前回自分が書いたことに

現場で戦っている選手たちは評価するしないはあっても俺は応援しますよ。

カープのユニを着て必死に戦ってもそれは結果が出なけれなければ認められず、ファンのヤジを浴びている。

別に負けたくて負けているわけではない。

打ちたくなくて打ってないわけでも 抑えたくなくて打たれているわけでもないでしょう。

監督、首脳陣も含めも含め、彼らは結果を出さなければユニフォームを着続けることはできないわけですからね。


間違いはないと強く感じました


今、自分のできることを精一杯やるだけ。

諦めたことはありません。

いつだって勝ちを

優勝を目標にグラウンドに立っています。

笑われたって全然構わないし、

何言われたっていいです。

命がけでやってます。

命がけ…って

それでも負けるのか…って

そんなことも言われるのは予想がつきますが。


実は

何ヶ月か前、

指が疲労骨折していました。

血行不良もあり、

守備の時やってしまいました。


(中略)

選手はいつもそれぞれ色んな痛み、

再発するかもしれない不安を抱いています。

それをみんな隠していますが

僕があえて書いて何を言いたいかというと、

みんな命がけでプレーするのです。

少し大袈裟な表現かもしれないけれど

『命がけ』が1番相応しいです。



「命がけでやっても負けるのかよ」 なんて言うやつは馬鹿だと思いますよ、おれは。

そして、後半部に書いていますが、どこも問題なくやれているという方が珍しいんだと思いますよ。






だからこそ、前回も述べましたが…


盤石なんて言葉は野球界には存在しない




手を尽くすだけ尽くしても、勝てるとは限らないのが野球です。



なんですよ。


じゃぁ、上の連中が尽くせる手を尽くし切っているのか『命がけ』でやっているのかと考えるとは到底そうは思えないんです。



今回の外国人の件もそうですし、少し前に中村が自由契約になっていた件でもそうですね。

その時、おれは彼を獲得してほしいと強く思ってましたし、掲示板なんかに書き込んだのを覚えています。

新井がいるから、栗原がいるからいいではないんです。
栗原も書いていますが、野球選手なんて怪我をしていないほうがおかしくて、そしてどこにも戦列を離れないなんて保障はないんです。
スペアはあるにこしたことがないんです。
そして、現実として新井はいなくなり、サードは穴となってしまったわけです。

当時、いわくつきの彼にはカープ球団は見向きもしなかった。

『金がない』なら金がないなりにチームを強くするならそういう曰くつきで安くなっている選手を狙うのも一つでしょう。
彼を獲得できたできなかったというよりも、、そういった金がないなりに我武者羅に『命がけ』でチームを強くしようという姿勢が感じられないんです。


その姿勢を見せてほしいし、その姿勢がなければたまたま上位に入ることはあっても本当の強さは手に入らないと思います。



最後に廣瀬のブログも紹介しておきますか。



7月14日

それから今日は2軍の練習が無かったので、大分のおばあちゃんの所に行きました

おばあちゃんはもう意識はなく

僕の問いかけにも反応がなかったです

明日練習がある為泣くのをぐっとこらえて病院を出ました


7月20日



皆さんからたくさん励ましのコメントを頂いていましたが、おばあちゃんが亡くなって昨日葬儀が
ありました。
僕は試合のため最後の見送りをすることができませんでしたが、僕が元気で野球をすることが
おばあちゃんの願いだと思います。

おばあちゃんに安心してもらうためにも、たくさん応援してくれるファンの皆さんのためにも
また一軍に呼んでもらえるように頑張ります!!



プロ野球選手じゃなくても、社会人ならあることかもしれませんが・・・
祖母の最期を看取るよりも、葬儀よりも二軍の練習、そして二軍の試合の方が優先されるものなんですよね。
そのくらい彼らにとって野球にかける時間とは大切なものなんですよね。

『命がけ』なんですから。


栗原、廣瀬に限らずカープの選手はみんなみんなそれぞれがそれぞれで『命がけ』だとおれは思っています。


そのがんばりを報われる形にしてほしい。


そうするためにも球団内部の人間の『命がけ』でこの球団を強くしようとする姿勢が私は見たいです。



同じ思いの方ランキングクリックお願いします。
スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
ユニフォームを着た「命がけ」と球団存続に向けた「命がけ」。
どっちも大事なんだろうけど、後者のほうはまるっきりファンに伝わってこない。
主力脱出と大幅減俸と観客数増加で金はあるだろう。
貯金通帳の残高が増えると楽しいことはよくわかる。
球団には選手・ファンあってのカープってことをもっともっと一から考え直していただきたいです。
2008/07/24(木) 07:08 | URL | かーぷFAN #-[ 編集]
中村を獲得うんぬんについては賛同出来ませんが、他の事については共感します
2008/07/24(木) 08:34 | URL | 天才卵 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/25(金) 11:23 | | #[ 編集]
ランキング頑張ってください!応援しています★
2008/07/26(土) 00:45 | URL | hito #Uh60rX9Y[ 編集]
>主力脱出と大幅減俸と観客数増加
>で金はあるだろう。

だったらいいんですが、多分逆
です。巨人戦の全国中継が激減し
たから、放映権収入は数億の単位
で減ったはずです。それに観客増加
の相当部分はTV放映減少による
ブラックアウト効果と阪神ファンが
大挙して市民球場に押し寄せる
ようになったことによるところが
大きいはずで、また、前田2000
本安打、佐々岡引退などの一過性のイベントの効果でもあり、
トータルの先行きの収入としては
楽観すべき数字ではないです。

>貯金通帳の残高が増えると楽しい
>ことはよくわかる。
 
 このブログでむのんさんが
お調べになったとおり、ギリギリ
黒字をキープしてる状態です。
別に余裕があるのに使わないわけ
では決してない。

 私は決して球団を弁護する立場
なわけではありませんが、大抵の
方は批判するところを間違って
ます。
 なぜ、もっと金を集められ
ないのか?
 なぜ、自球団に対し不利な制度
の是正を求めないのか?

 この2点こそ本質であり、
それがクリアできさえすれば、
補強に必要な余裕はおのずと
生まれます。
 パリーグの球団が近年試みて
成功を収めてる営業努力のいくつか
を単純に模倣するだけで、かなりの
増収増益が見込めると思うのですがそういう努力が欠けてるのが問題です。
 また、FA制度も一種のボイコ
ットをしてますが、むしろレギュ
ラークラス以下の選手の権利の拡充に寄与・便乗しつつ自球団に有利な方向に改革できるしそうすべきな
のに逆向するようなことをしてい
ます。同様のことはドラフト制度
に対する態度にもいえます。

 得になることをしていないのが
問題なので、ファンのため損を
すべき、というのはそう長くない
目で見ても間違ってます。

 営利企業である以上、
利益を考えるな、というのは
非現実的だし、仮にそうしても
さして間をおかずして破綻して
しまいます。
 
 
2008/07/31(木) 20:51 | URL | りんちゅー #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/155-8f362bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。