上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ここでは、「星」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

最近タイトル長かったので短くしてみましたw


☆応援のランキングクリックお願いします☆



電気もない昔はもっともっと星がはっきりときれいに見えたのだろう





ただたまたま何の秩序もなく存在しているにも関わらず、太古の人は他との星との位置関係に意味をもたせた。

『星座』である。

そしてそこに一つ一つの物語を組み込んだ。


何の秩序のないものにさえ『意味』をもたす、それが人間の知である。




サイコロを交互に10回振って数が多い方が勝ちというゲームをするとしよう


流れがわるいな


流れはこっちにきている



確率は変わらないにも関わらず、きっと人間はそこに『流れ』を感じるだろう。

2連続で1がでたら大きな違和感を感じるだろう。

それぞれ振って出る目は何の影響もなく独立したものにも関わらずそこに『つながり』を見出す。





野球は人間がするスポーツである。


そして、人間には心理というのは切っても切り離せなく存在する。


だからこそ、野球のプレーに心理状態による影響を重ねようとしていると思う


良い方を変えるなら、何か違和感のある結果がでたとしたらすぐにそこに理由を原因を求めようとする



『心理』はその格好の材料として使われる


ただ一つ思うことは、我々一般の人間と彼らプロが同様の心理状態にあるかということである。

我々が想像する心理状態をはたして彼らも同じように考えているのか

そしてもう一点、その心理状態の影響が我々素人レベルと同様にプレーにでるのか…ということである。



第89回の甲子園登録人数は約75000人。
その中でプロに行くことができるのは1%存在しない。
そしてその中でも一軍でレギュラーとして戦えるのは一握りしかいない。

そんな彼らの心理状態を考え、それをプレーに結びつけるのはおこがましいことではないかとすら考えるときが最近ある。



心的影響がプレーに及ぶというのは決して否定しないが、


その心的影響というのをこんな素人の価値観ではかれるものなのだろうか。



少し前の自分はそういう風に結びつけて考える見方をしていた。

以前の前田の記事のようにね。

ただ今は、星がどの位置に存在しどの程度の光を発しているかを観測するような見方をしようとしている。

どういう見方が正しい、正しくない、そんなものが存在するとも思っていないが、今はこの見方が自分にとってはフィットしているように思うし、以前よりもより深く見れるようになっていると思う。

そしていつかそのそれぞれの星の場所や光の時差を認識しながら、星座や神話を楽しめるようになれればいいかなと思う。

スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/166-ad47171a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。