上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

弱いなぁ。

ここでは、「弱いなぁ。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

田辺一球氏の携帯サイトでの「こうなるかもしれない」という打順を見たけど、厳しすぎますね。
梵は、右肩、嶋はひじですか。
この二人はやってもらわなければいけない選手なんですけどね。


チーム力が向上 ブラウン監督総括

 ブラウン監督は、27日間に及んだ春季キャンプを満足そうに振り返った。「4年間で1番の春のキャンプ。チーム力が上がってきた」。かつてない手応えがあったことを言葉の端々ににじませた。(五反田康彦)

 ▽競争激化、遊撃は混戦 かつてない手応え

 ―キャンプ中の選手の動きをどう評価しますか。

 競争の激しさを感じていたのだろう。オフに全員が体を整えてきていた。それぞれが自分の仕事をしてきた。一人の選手の名は挙げられないが。

 ―特に競争の激しかったポジションは

 遊撃だ。石井、小窪、梵が猛烈に争った。外野も嶋のひじの状態が上がらない中、前田、赤松、天谷が競った。春はしっかりチームをつくり、いかに開幕へ向けて競争できるかが大事だ。

 ―先発ローテーションのめどは立ちましたか。

 ほぼ決まった。ルイス、大竹。そして前田健、篠田、斉藤のいきのいい若手。6枠目は長谷川、コズロースキー、大島らの競争で、シュルツは中継ぎだと思う。6人目を争うのは私が就任してから初めて。巨人、中日など強いチームはチーム内の競争がある。

 ―オープン戦のテーマは。

 全試合で勝つという意識で臨む。残り1カ月で個々の能力を見極める。開幕に残らない選手が出てくるが、シーズンでは必ず全員の力が必要になる。全員の力がない限り、実力は発揮できない。



先発ローテに関しては、物は言いようってことでしょうかね。
6枠目を争うくらい、残り5枚は盤石…なわけないですよね。
このメンツ見る限り、3枚目以降で、計算が立つ選手なんていません。
(実際、『計算できる』と言えるのは大竹のみですが)

2007年の成績から青木高、長谷川が08年もやってくれると計算してた方はたくさんいましたが、現実は違いましたもんね。
2007年の投手陣考察
長谷川、青木高について計算できる投手か?という疑問は投げかけているが、
1シーズン、そこそこの成績を上げたからと言って次の年も同様に活躍できるとは簡単には言えないでしょう。
現実としては、3枠目以降も争いですが、6枠目を争うといっていた方が、耳触りはいいでしょうね。
マスコミもしきりに「6枠目を争う○○」と言えば、何となしに今年のカープの投手陣はすごいのかなと思えてしまいますからね。


個人的に計算ではなく、最も期待と不安があるのが前田健ですね。
去年、投げる姿を見ているのが一番楽しいと思える投手でした。
どこまで、階段をのぼっていくのだろうという期待がもてる選手です。
それが、私の肉眼での期待です。
確かに彼の去年の成績はデータ上でも素晴らしい。
QS率は55%とルイス、高橋に続き3番目でした。

ただ、気になるのが被BABIP、そして、先頭打者被出塁率、得点圏被打率の良さです。
それぞれ優秀ですが、個人的には非常にこの3点に去年の成績は助けられている部分があり、
では、これらの成績の再現性は高いのか?という疑問があります。
先頭打者被出塁率、得点圏被打率の良さは言い換えれば、要所要所を抑える勝負強さと言え、まるで個人の資質であるとも思える言葉に言い換えはできるのですが、
それが証明されているとこを見たことがないし、むしろ逆の見解しか見たことがありません。
去年の彼は、彼の能力以上に結果が付いてきすぎた。
それが、私のデータから感じる不安です。


さて、シーズン終了後どういう評価になるでしょうか。
この選手、数年後は最優秀防御率争いしてそうっていうのは、カープファンの贔屓目ですがねw



にしても、チーム力が向上…


どこに感じますかね?
スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
今年は広瀬がいいと思います











2009/03/01(日) 14:03 | URL | #-[ 編集]
ずっと前からノリのこと♪
獲りたかった~♪誰よりも~♪
「おくりばんと」アカデミー受賞
おめでとう!

野手では外野に前田選手、内野に
石井琢選手と計算できる選手が
元気なのは心強と想っています。
1(二)東出
2(三)小窪
3(遊)石井琢
4(一)栗原
5(左)前田
6(右)廣瀬(天谷)
7(捕)石原
8(中)赤松
9(投)長谷川
あっし的には「こうなってほしい」
一球さんの打順に比べてどうです?
そういやあっしも金払ってんだよな
一回くらいしか読んでないぞ。

カープ史上最も計算できない選手
それが長谷川昌幸!!
第六の男の座、もらい受ける!!

贔屓目じゃないでしょう。
若きエース・前田健太。武器は
「ハート」証明できないけど(笑)
2009/03/01(日) 18:45 | URL | クネス14 #-[ 編集]
今年も不安ですね。
最近5年間の中では一番ましでしょうけど。
投手陣も万全とは言えないのですが、カープレベルではまずまずではないでしょうか。
それよりも野手陣ですよね。
まだ2試合ですが、廣瀬が良さそうってだけで…。
去年みたいな高校野球か?と突っ込みたくなるような得点力不足が繰り返されそうで怖いです。
手っ取り早いのは新外国人野手を1~2ヶ月かけて2人位連れてくることなんですけどね。
そんな簡単なことは皆分かっているのでしょうけど。
そんなにお金ないのでしょうか?
外国人投手を獲るお金があるなら、野手の獲得に方針転換したほうが逆に投手陣の負担軽減につながるかと思います。
2009/03/02(月) 14:40 | URL | アベ #-[ 編集]
 一応、報道では、
建さんのMLB挑戦が失敗に
終わった場合、再契約するのか
と聞かれて松田オーナーが
外国人とるために枠を空けて
おかんといかんから、という
理由でその気はない、と答えて
ますんで、外国人とる気は
あるんでしょう。
 でも、この話でもわかるように、
枠の関係上、1人しかとれませ
んよ。トレードで選手放出しない
限り。
で、不況直撃の今シーズンは
MLBのロートル選手格安で
取れるチャンスですが、ただ、
薬物のリスクがありますね。
取得後に使用が判明する、という
だけでなく、これまでの成績が
薬物のおかげでえらく下駄を履い
たもので、使ってない現在では
実力もさっぱり、というリスク。

 ところで、外国人野手とると
して、ポジションはどこ?
カープの問題は全体として
ポジションごとの期待される
打撃成績で傑出したポジションが
ない、ということで、実は
得点生産力の観点からは三割打者
の東出が一番のネックだったり
します。(守備はすごいけどね。
守備ではどんなに優れてても
おそらく長打力と
四球獲得能力の不足を
補えはしないんです、多分。)
外野かな?
2009/03/03(火) 20:26 | URL | りんちゅー #-[ 編集]
そうですね、外野かと思います。サードは一応、シーボルがいますし。
オーナー発言ですが、去年もマクレーン獲得の報道がありながら流れたので不安です。
マクレーンが高額を要求したのかもしれませんが。

今年は割安でとれるなら何とかしてほしいです。予算がいくらあるのか分かりませんけど。

あと枠ですが、確か現在68人であと2人はとれる気がしました。

しかしオーナーは、もしもに備えて一枠は空けておきたいとは言ってました…。



2009/03/03(火) 21:49 | URL | アベ #-[ 編集]
アベさん、こんばんわ☆

最近5年間では、私は2004年に一番期待を持っていました。
ちょうど5年前ですか・・・
結果は戦略以上に伸びない得点力と、破滅していく投手陣で悲惨なものでしたけどね。

去年が『出来すぎ』と位置づけているので、私は今年は不安ですね。

お金がないことはないんですよ。
数年前に中国新聞が報じただけで確か、十数億はあったと思います。
少なくとも1枚はしっかり打ってくれる外国人打者がいないと…ですね。

2009/03/17(火) 20:15 | URL | むのん #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/186-0c10e692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。