上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

打率・安打に関しての一考察②

ここでは、「打率・安打に関しての一考察②」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング


地球のみんな、オラに元気をわけてくれ→ランキングクリック



さて、打率に関してもう少し考察していきます。
そういえば、クネス14さんのコメントで、打率生誕150年というので、調べてみるとほんと1859年誕生で、150年ですね。
ちょうど150周年ですから、改めて考えてみる、いい区切りの年ですよね。(そうか?w)
もうそろそろ、天寿をまっとうされてもいい頃かと思いますがw



みどりびさんのサイトにて、各打者のゴロ率やフライ率、またゴロの中の安打率が掲載されていましたので、
そちらを使って、平均と、相関関係を出してみました。





gor



上記の表は、100打席以上たった打者の平均です。
打席などの考慮もなくただ平均をとったものですので、大雑把に捉えてください。

バットにボールがあたった後一番多いボールの挙動は、ゴロ、そしてフライ、ライナーは非常に低いですね。
また、ライナーが抜群に安打になりやすい…経験則で十分理解できる結果です。
(ただし、ここでいうライナーとフライの違いの定義に関してはわかりません。主観でしょうね。)


次に年々の相関関係です。
1になるほど相関している、0になるほど相関は薄いということです。

まず、ゴロ/フライというのは、各打者に依存しているというのが見て取れますね。
これは、投手にも相関がみられていたことですね。
比較的、ゴロを打ちやすい打者がいれば、比較的フライを打たせやすい投手がいる。

また、ライナー率に関して非常に低い…というか、ないとも言える結果が出ました。
先ほども述べましたが、ライナーとフライの違いの定義がなんなのかという話しになってくるわけではありますけどね。
そこの定義が曖昧ではありますが、このデータを見る限りではライナーを打つ能力はない、もしくはその能力は安定しないと言えるわけです。


全体として、大雑把に右方向、左方向に打ち分けるというのは高い傾向はみられます。

先日述べたことの本当に繰り返しになりますが、

ゴロ安打率の相関係数の低さを見ると、狙って守備の網を抜ける能力はない(低い)というように見て取れます。
フライ安打率が高いのは、昨日も書いたように本塁打がフライに含まれるからでしょう。
本塁打を引いた数値を出したら、低くなると思います。


ただし、内野安打率に関しては高い値がでました。
ここは、一塁までの到達するスピードに年度によって大きな変化がないという推測と、ゴロ率とフライ率の安定さからくるものだと考えられるでしょう。

BABIPが毎年比較的高い傾向にある選手は、内野安打による影響もあるのかなと考えられますね。



結論は昨日と同じですが、
現在のNPBの一軍の多くの投手と打者の力関係では…

バットに当たった後の打球が守備の網を抜けるか否かの能力というのは、安定して存在しない。

そこには『運』という大きな魔物がすんでいる。


現在のNPBの一軍の多くの投手と打者の力関係では…というのが結構大事かもしれませんね。
全体として見ればこうだが、やはり、青木は今年も怪我がなければ、3割以上は余裕で打つでしょう。
そういうレベルの打者も存在するってのが私の考えですね。


ただし、カープには見当たらないなぁ。
栗原がどうかってとこだけど。
別に打率が3割いかなくても、一定以上の得点能力を彼には期待できるでしょうしね。
ちなみに、去年のBABIPは高くでましたね。


さて、まだこのシリーズ続きますので、応援お願いします。


スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
張本勲さんは毎年、高い打率を維持

する為には、どうしたらよいかと

熟考の末、セーフティ・バントと

いう結論にたどり着いたという

ことを聞いたことがあるような。

今年のカープは(今年もか笑)

あまり得点は期待できないことを

織り込み済みで応援します。

だいじょうぶ!86年や91年だって

たいして打ってない(ハズ)から!!

球場が変わることで得点力向上に

好影響を与える可能性は

ないんでしょうか?
2009/03/16(月) 12:18 | URL | クネス14 #-[ 編集]
>球場が変わることで得点力向上に
>好影響を与える可能性は
>ないんでしょうか?

打率は多少上がり易くなるはず
ですけどね。(マツダスタジアム、
ファールエリアが異常に
狭いんでファールフライのアウト
が減る。)
でもフェアエリアは広いんで
投手がホームランを恐れない
分、ポンポンストライク投げて
来るでしょうから、その面でも
多少打率にはよくてもIsoD(安打
以外の出塁率)は上がりにくく
もちろん、ホームランが出にくい
分長打率も下がるので、敵味方とも
新球場ではロースコアゲームに
成りがちと思われます。
むのんさんが言われるように
打率は得点と相関が低いんで
新球場で高くなっても得点力が
あがることはないはずです。
内野の芝でバントやスクイズの
成功率が若干上がるかもしれず、
セーフティバントや
内野安打が多少増えるかもしれま
せんが、そんなん大勢に影響ない
でしょう。

 で、建設的な提案。
私が日刊スポーツ広島版に
以前投稿したように、ゆくゆくは
ライトスタンドだけラッキーゾーン
(ただしポールと中堅を直線で結ぶ方法で。
こうすれば国際規格とN
PB基準はクリアしたまま)を設け
左打者と左投手に特化して編成す
ればホームチームアドバンテージを
最大限にできます。今は左投手不足
してますからやんない方がいいです
けどね。

2009/03/17(火) 20:01 | URL | りんちゅー #-[ 編集]
テキサス・ヒットも増えるかも

しれませんね!?

一本のセーフティ・バントや

内野安打が歴史を動かして

くれる・・・ことは無いか(笑)

でも、セーフティ・スクイズ

なんて魅たいですね。

あの悪名高き(笑)

ニッカンの広島版に投稿され

採用されたのですか!?

凄いですね!

ホーム・アドバンテージ

あっしもずっと考えていたん

ですが・・・。

一番から八番まで左打ち俊足

選手を集めるくらいしか

想いつかなかったです。

「足にスランプ無し」って

誰が最初に言い出したのか

ご存知ですか?

知っていたらご教授ください。

相手チームのダグアウトに

仕掛ける盗聴器とカメラの

調整は順調かなぁ(笑)
2009/03/18(水) 18:54 | URL | クネス14 #-[ 編集]
>あの悪名高き(笑)
>ニッカンの広島版に投稿され
>採用されたのですか!?  

確かにニッカンスポーツ広島版
不愉快ですけどw
 船乗りは「板子1枚下は地獄」なんて
いいますが、ニッカンスポーツ広島版は、
 「表紙1枚はぐれば阪神マンセー!」
ですからねえw
 そんで1面と同じ内容のカープの記事を
3~5面で再び読ませられるという・・・。
 広島は「支店経済」といわれますが、
私、同紙を宅配でとってるもんで、
その悲哀を如実に感じさせられる日々で
ございます。

 ただ、いいとこもあるんですよ。
『プロ野球 メジャー流でみる
セイバーメトリクス』という連載を
昨シーズンは毎週1回掲載してましたから。
2009/03/19(木) 19:14 | URL | りんちゅー #-[ 編集]
 ホームサイドアドバンテージの
提案。

ロッカールームと
ダグアウトのエアコンホームに
のみ稼動させる。
ロード側はなぜか壊れたまま。

 文句言われたら
「カープ金ないので修理費が
・・・。制度改革してくれれば
すぐにでも・・・。」
としらばくれる。
2009/03/20(金) 06:20 | URL | りんちゅー #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/197-a553dca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。