上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

先発についての考察【2007年】

ここでは、「先発についての考察【2007年】」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

数週間前に書いたものなので若干修正は加えていますが、ずれがあるかもしれません。


先発時の投手成績は以下のようになった。

巨人 3.50
中日 3.69
横浜 3.99
ヤクルト 4.12
広島 4.24(9月14日時4.53)
阪神 4.45


(公式と若干の誤差があるかもしれません。)

リーグ5位である。
阪神のリーグ最下位の先発成績でのクライマックスシリーズ進出は興味深い。まさにJFKをはじめとするリリーフ陣の活躍というのは言うまでもないだろう。
カープは9月14日時の防御率を見れば最後の一か月で非常に上向きになったことがわかる。
終わりよければすべてよしではないが、そのためにファンにとっても心象がよくなったと思われる。
その点は留意しておきたい。

全体としてみれば、リーグ5位であるのだから補強は最優先すべきところではないが放っておいていいところでもない。

では、個別に見てみよう。(以下先発登板時のみに限った成績です)

・黒田 防御率3.56 平均6.91回 98.9球
・大竹 防御率3.53 平均5.94回 96.9球
・長谷川防御率2.26 平均6.71回 100球(7月9日以降に限ってみた成績)
・高橋建防御率3.85 平均5.38回 88.5球
・青木高防御率4,84 平均5.26回 83.5球


今季彼ら5人で先発の5分の4を投げ切った。(他はフェル、佐々岡、宮崎など)

黒田は去年の最優秀防御率からはだいぶ落ちているし、大きな期待にはこたえられなかった成績ではあるが、一人の先発投手としては十分な役割を果たしたといえよう。

この成績を見ておれが一番喜ばしいのは大竹の成績である。ついに防御率だけだが黒田と肩を並べた。
まだまだ若い24歳…これからの成長も楽しみである。

打者では栗原、投手では大竹…今年の収穫は多くはないがこの二人の成長の『結果』はいい収穫だったと思う。

長谷川は前半、うまく波に乗れなかったが一度中継ぎをへてから後半は全試合でQSを記録するなどすばらしい安定感を誇った。

100球交代制…それはここの平均球数から単純にはかることはできない。
というのは、他の球団の先発投手を見ても平均してみると大体100球いかないことが多いからである。
ただし、やはり個々の試合を見てみるともう1イニングいけたのではないだろうかという試合はあったのも事実である。
中6日もあけている以上、先発としては7回は目指してほしいものである。
スタミナもある大竹としてはこのイニング数は評価できない。

私が先発として必要能力はこの二つである。
・7回をこなすスタミナ(完投能力のあるスタミナを7回でという感じかな)
・防御率3点台


ルーキーとして一年通して先発として戦えたということか青木高の評価は高いが、私としてはいち先発投手としては合格点は与えられない。
防御率の悪さ、スタミナの低さ…並べてみるとどちらも際立っているように思う。
06年、社会人野球ではリリーフを中心にこなしていた。
それを考えると現在のスタミナはしょうがない部分があるかもしれない。
では来季以降、彼を先発としてやるのがベストな選択なのだろうか。
どれだけスタミナはついていくのだろうか…少々疑問に思う節がある。



来季戦力を考える上でまず黒田の残留は必要である。
平均以上の成績を期待できる稀少の存在であるのだから。

大竹は彼のポテンシャルと年々の成長を見ていけばもう一伸びあるかもしれない。
今年くらいの成績は期待してもいいだろう。

長谷川はやるかもしれないし、やらないかもしれない。
今年の後半の安定度を見れば彼の大きな活躍を期待したいところだが、やはり過去の彼がその保障をさせてくれない。
今季も前半戦先発をしたが5試合で防御率9点に近かった。その後二軍に落ちて調整して中継ぎをへて7月9日以降の成績がある。
波に乗ったらすごいが、その波に乗る安定感が非常に乏しい選手というのが私の印象である。
大活躍する可能性と同じくらい期待を裏切る可能性も併せ持っている選手である。


建さんの成績は予想以上である。一年間よくやってくれたと思う。
去年から今年にかけての佐々岡の例もあるように、来季がどれくらいの成績をのこせるかは難しいところだが、5番手として計算するべきかなと思う。
先発は7回は投げてほしいという部分には年齢もあり残念ながら合致しないというのも少々痛い。

青木高は前述したようにやはり先発としがベストなのかという疑問はつきまとう。
もう一点、中継ぎの左腕の薄さも考慮すれば、彼を中継ぎに回しリリーフの左腕を厚くするというのは一つの手ではないだろうか。
岡島のような活躍をしてくれればいうことはないし、可能性としては決して0ではないと思うんだが…
最後は細かい制球力か。


理想を言えば

黒田―大竹―長谷川―新戦力―建さん―前田建など

・基本中6日で100球ではなく7回を基本として起用
・防御率3点台を目標として


である。

しかしながら、今黒田の移籍の可能性が残念ながら非常に高い。
彼がいてプラスして補強しなければいけない状況にも関わらず、彼が抜けたら彼の穴を埋めるだけでも非常に苦労するだろう。

トレードの話は進行していないだろうか。
これだけ黒田の移籍の可能性が高いのならば金村というのもありだったようにも思う。
またロッテ清水、楽天岩隈…
んーいろんな意味で厳しいのだろうか。

今季、最後の一か月で最も光を放っていた先発でさえ黒田の移籍を考えれば先が暗くなるばかりだ。
本当に来季の戦いの光がみえない。


人気ブログランキングへクリックお願いします☆
スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。