上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

打順についてでも考えてみましょうか。

ここでは、「打順についてでも考えてみましょうか。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

『広島カープ・・・時々レッドル』のレッドルさんが、好意的に反応していただいてるのは非常に嬉しい。


やっぱり頭ごなしに否定ではなく、受け入れてそれを自分なりに消化っていうのは、意見がどうこう問わずに、好意的に感じますね。


「そんな数字だけ見て何がわかるんだ!!」で拒否反応を示される方もいらっしゃると思いますからね。


今週、書こうと思ってたのは大体、作ってはあるんだけど、どういう順番に出そうかなとちょっと考えた。
せっかくレッドルさんが反応してくださったのですから、私なりの打順に関しての記事を先に持ってきますね。


今のカープの野手で打順を決めるなら、私ならこういう選択をします。

1番(中)赤松
2番(二)小窪
3番(三)シーボル (左)嶋
4番(一)栗原
5番(左)嶋    (三)シーボル
6番(遊)梵
7番(右)廣瀬
8番(捕)石原
(『4番』ってのにこだわらないのが可能ならば、栗原3番の方がいいですね。)

そして、赤松にとにかく走ってもらう。
極端な言い方をすれば今年の命運を彼の足にかけるといいましょうか。
ここ数年のNPBにおける、各成績がどれだけ得点へ影響しているかを分析したところ(いわゆるXRの係数にあたるものですね)盗塁成功が0.2点、盗塁失敗が-0.4点程度の影響です。
四球一つで0.4点程度ですから、盗塁成功の得点影響の少なさ。
というのは、当然、二死一塁、一死一塁の場面での盗塁という選択が全体的にされているからでしょうね。
ちなみに、得点期待値の話しで言うと2002年のMLBの各塁における得点期待値を元にそれぞれの成功、失敗における、得点期待値の増減はこんな感じです。
       成功   失敗
二死1塁 +0.95  -0.227
一死1塁 +0.146 -0.435
無死1塁 + 0.246 -0.624

もちろん、『平均』での数字であり、後ろに強打者が並べば当然、成功、失敗での得点期待値は大きい値になり、よりリスクとリターンの大きなものとはなる。

カープの走る野球の象徴として、彼の足にかける。
現在の戦力が弱いと見ているから、そういうギャンブルが必要であるというのが私の見解です。

もちろん、先発、投手が期待以上にまわれば、また他の打者が期待通り働けば、選択する必要がないギャンブルですが。

具体的に、得点期待値を並べてみると、盗塁という攻撃がこの程度なんだなって思いますね。
(といっても、選択できる戦術に絶対的なものなんてあるわけないですね。選択できるのだからこの程度ってことですか)
リターンの低さ、そしてリスクの高さ。
盗塁は成功しても進塁しか得られないが、失敗したら塁上の走者を減らし、そしてアウトカウントを増やすという二重のダメージを食らう。
では、その進塁にどれほどの価値があるのか、生み出せるのかってとこですかね。
(で、こう考えるとなおさら、栗原と赤松を話すのは悪手ですね。)

んで、改めて盗塁に関して見れば見るほど、「赤松にはとにかく走ってもらう」を撤回したくなりますねw
こんなにリターンが少ないんだ、リスクが大きいもんだなというのが、今書きながら感じました。



それぞれが期待通りに打ってくれればぼちぼちの点数は取れる打線ではあると思いますが…期待通りにいかないのがプロ野球のシーズンですしね。


だからこそ、中村という選択を私は求めました。
ポイントとなるのが3番であり、サードの選手、市場に出た中で、カープの選手とあわせてみてサードの選手として最も計算ができるのが彼でしたから。

そして、外野に1人(2人)外国人を獲得し、嶋、廣瀬、そして外国人で枠を争ってもらう。
(もちろん、他の外野手も含めてね。)
外国人だからといって優先的に枠を与えるのではなく、当然、開幕二軍の可能性も考慮に入れて。


投手力だけに目をやっていますが、カープは得点力もないチームですから。



もちろん、補強するには枠も必要、金も必要。


まぁ…これ以上は今はあまり書きたくないですね。
今後、書くかもしれませんが、こう書けばわかる方にはわかるとおもいますので、今は「察してください」。

スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
この打順はさすがにないでしょう。新球場を考えて。広くなるんよ。外野に守備範囲の狭いのを二人も置いたらいかんよ。今年は
1.赤松(センター)
2.東出(セカンド)
3.小窪(ショート)
4.栗原(ファースト)
5.広瀬(ライト)
6.天谷(レフト)
7.石井(サード)
8.石原(キャッチャー)
でしょ!
嶋は肘が完璧に治らないと守備がね。梵、シーボルに関しては去年を考えると控えスタートにするべき。シーボル打率あがったのは相手投手の質がシーズン終盤になって落ちたからだよ!そして東出は必要。あの守備は何度投手を救ったか。石井はサードでリーダーシップとはを野手に見せ付けて欲しい。小窪は将来リーダーシップをはるに相当する選手!
2009/03/24(火) 23:50 | URL | #7 #-[ 編集]
#7さん、こんばんわ☆

外野の守備範囲が狭いのが二人ですか?
確かに天谷は足が速いですが、それほどレフトの守備の影響で大差はなかったと思います。
私も意外でしたが、嶋の守備に関して携帯サイトで、赤松がお手本にするというようなことを書かれていましたね。
もちろん、肘の調子如何はありますけどね。

廣瀬は、小早川がちょっと前に、日本一守備がうまい外野手で廣瀬を推薦していましたね。
少ない守備回ではありますが、RFも高かったですね。2007年。
2009/03/25(水) 19:00 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
同じ能力なら若い選手使うのは当然でしょう^^嶋、廣瀬が現状天谷より数段上ってなら納得しますが・・・
2009/03/25(水) 22:41 | URL | #7 #-[ 編集]
#7さん、こんばんわ☆

嶋と天谷が同じ能力ですか・・・?
私は同じ線上の選手とも思えませんけどね。
まぁ、同じ能力って思うなら、

>同じ能力なら若い選手使うのは当然でしょう

ってのは、否定しませんよ。
2009/03/26(木) 19:10 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/206-de8d7257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。