上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

まずは、数字でどれだけ分析できるか、どれだけ未来はよめるのかってのに挑戦ですよ。

ここでは、「まずは、数字でどれだけ分析できるか、どれだけ未来はよめるのかってのに挑戦ですよ。」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング



カープファンのみんな、オラに元気をわけてくれ→ランキングクリック


広島市民球場 08年の来場者過去最高

去年は132万人で史上2位。

去年に比べて20万人増えて、ざっとチケット代で4億・・・

さすがにグッズ代で7億ってのは頭打ちだと思います。

増えても1億くらいかなぁ。

他で大きく売上に影響しそうなものは何かありましたっけ・・・

ざっと68億くらいの売上で、利益は相変わらずぎりぎりにして、34年連続黒字って感じではないでしょうかね。


**********************************************************************



さて、以前にも似たようなことは書きましたが、改めて…


今は、データでの分析を中心にしております。
特にこの時期はですね。


以前は、報道だったり、選手を見て、また数値を見てという感じでしたけどね。

野球って確率のスポーツですから「それっぽい」ことはいくらでも言えるんですよ。

ただ、やっぱり「それっぽい」で終わってるような、野球というものをきちんと捉えてないような気がしたんですよね。


『打率』なんてくだらないものにも、囚われていましたね。

あの頃の私の町田への評価を思い出すと、愚か過ぎるとしかいえませんね。

打率と本塁打しか見てないんですから。



『当たり前』のこと、『野球界の常識』が本当に事実なのかっていう疑問をもってみてみると、
案外、違うなって思った。


打率という指標の意味、価値であったり、バントというものであったり。


なら、きちんと、自分の中で一つ、一つはっきりさせていこう。


そして、これは元々ありましたけど、人間の頭が物事をどれほどきちんと捉えることができるかってのにも疑問があった。

選択的思考、錯覚、色眼鏡、黄色いメガネ、ピーコめ・・・ (略



数字が全てを反映しているとは思わないし、そんなことはない。


数字だって、意図的に選択することができるものでもあるしね。


ただ、まず、どれがどれだけ得点に、失点に影響して、勝ち負けに影響するのかってのを明らかにしていって、

効率的に補強して、得失点の上でベストな選択して勝とうよってのが私の今の考え方。



だから、今は、基本的に数字ばっかりになる。



得点力の場合はXRが基本。

んで、これを見ればどの指標がどの程度得点に影響しているか見て取れるし、実際シーズン終わった後の得点との相関も高いし、相関どころかチームの得点の実数値の110%前後にXRがなる。

もちろんXRに関わってこない部分が得点に影響しないなんてことは言わない。

ただ、じゃぁそれがどの程度影響あるかを分析しなければ、時にそれを過大評価して大事なものを見失う、非効率的な方向に向かうと思う。


例えば、「東出が進塁打をうまい。」とすれば、まず進塁打が他者の選手より、どの程度多いのかをきちんと見なければいけないし、また進塁打がどの程度、得点に影響するか考えなければいけないはず。

「東出がより球数を投げさせることができる」とすれば、ではその球数を投げさせることがどの程度得点に影響するか考えなければいけないはず。


明らかでないものは、計算にはできるだけ含めない。


例足の速い走者がランナーなら投手に大きな影響を与えるって当たり前のように言うけど、



MLBでの過去数年のデータでは、盗塁数の多い走者と、少ない走者での次の打者の結果の違いは、微も微というの分析があるというのを道作さんに教えていただいた。
もちろん、サンプルが少ないので、明確ともいえませんし、またMLBに当てはまるからといって、NPBに当てはまるとはいえません。


ただし、そういう結果が出ているのは事実。


『当たり前』って思ってたことが、じゃぁ本当にそれは『当たり前』なのか?


では、どれだけ得失点に影響するのか?



きちんと、考えてみよう。



んで、また、選手を見る目ってやつにそれほど自信がない。

というより、自分らより何倍もわかっているはずのプロのコーチ監督が、近くで見ているのに、結果から考えてベストな選択をしているようには思えない。

目ってその程度なのかなっても思う。


また、目が正しく写しているのかっていうのにも疑問がある。
脳が勝手に脳内変換して、事実を見れないことなんて多々あると思う。
(さっき言った選択的思考云々ってやつですね)

もちろん、目を鍛えていこうと思うけどね。


まずは、数字でどれだけ分析できるか、どれだけ未来はよめるのかってのに挑戦ですよ。

それで、今後、それと正しくものを見れる目をプラスできていけばいいな。



なんで、きちんと去年の復習もしないといけませんね。

スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
その前の記事から気になっていたんですが、、
一例としてだと思いますが、「東出が・・」と出るんですか。
なんとなく 誘導尋問ぽい、
東出に対する評価が低いようですが、、そりゃあ、球界全体を見渡せば
上のレベルはいるかもしれないが、カープにおいては必要な選手

開幕スタメンにセカンド東出どけて小窪だが、 現段階は東出>小窪。
小窪をおくならショートのはず。
ショートは既に優先順位は決まってるようだが、実際のところ
3人の誰使ってもそんなに変わらないでしょう。
2009/03/26(木) 08:18 | URL | カープ好き好き #-[ 編集]
カープ好き好きさん、こんばんわ☆

東出を不必要な選手なんて言っているつもりはありません。
評価が低いといっても、去年まではむしろ周りの彼の評価が低く、よく彼に対して肯定の意見を述べていました。

ただし、去年、小窪という選手が入り、そして東出が打率を残した。
打率の影響か東出の評価がちょっと高くなりすぎているなと感じますし、
私としては小窪が入ったことで相対的に見て東出の評価が下がりました。

>現段階は東出>小窪

『安定』で言えば、小窪は一年しかプロで経験してませんからね。
ただ、絶対東出>小窪が成り立つとは私は見ていませんのでね。
2009/03/26(木) 19:42 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
小窪は私も評価してます。
それにより私の中では梵の評価も
相対的に落ちました。
その前年度、梵も東出も不動のレギュラーと言える成績とは
思えなかったけど、他にいないからと見ていたので。
昨年、東出は打率残しましたが、今年はわからない。
もしかしたら小窪のほうが上いくかもしれない。
梵にいたっては年々成績降下。
東出梵と対等に争わせてほしいのが
正直な気持ちですが、しかし、
今年の東出に対しては、甘やかす意味でなくて
それ 言っちゃ、誰も今後残留なんてしなくなる。
今は東出にエールを送りたいです。
実際開幕して 悲惨な成績だったら、しかたないですが。
今は東出ではなく小窪と梵を対等に争わせるべきでしょう。
2009/03/27(金) 08:59 | URL | カープ好き好き #-[ 編集]
小窪がいるから東出に対する評価が低くなったと書いてありますが、じゃあ梵の去年の成績で梵に対する評価は低くならないんでしょうか?東出の評価をどうこうじゃなくて現段階で小窪と比べるのは梵だと思いますが。東出に対する期待は薄いようですが、梵はどうして期待できるんですか?東出の去年の打率は偶然なら梵が極端に打てなかったのも偶然というのですか?去年の成績が偶然なら小窪だってプロの壁にぶつかる可能性も充分ありますし、結局は梵や小窪に対して都合のいい見方をしてるだけだと思います。東出だけ成績が落ちるというのは一方的だと思います。梵や小窪の成績が低下する可能性も充分あると思います。二人は順調にいくなんて打率が偶然という見方をされてるような方ならありえないと思いますが。不思議に思いました。
2009/03/27(金) 17:09 | URL | まっぴ #-[ 編集]
カープ好き好きさん、こんばんわ☆

>その前年度、梵も東出も不動のレギュラーと言える成績とは
思えなかったけど、他にいないからと見ていたので。
>梵にいたっては年々成績降下。

ここらへんが、捉え方の違いですね。
打撃評価としては、
私は梵の2007年は十分合格点です。
むしろ、3年間でベストと言っても良いくらいですね。
では、東出は去年、なんとか合格レベルで、これまで、及第点にもいってないというのが私の見方です。
打撃に関してですね。守備は素晴らしいのは認めていますが。
ただ、それは梵も同じ。

細かくは新しくエントリーで述べるつもりで、よろしくお願いします。
2009/03/30(月) 19:05 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
まっぴさん、こんばんわ☆

まっぴさんの意見を聞くと、いかに私の文章能力のなくきちんと伝わっていないかと言うのを実感します。

>東出の去年の打率は偶然なら梵が極端に打てなかったのも偶然というのですか?

打率は比較的、偶然の要素を絡みやすい性質があるというのを今まで述べてきました。
そしてそれ以外に関しては、比較的本人の能力を反映しやすい(再現性が高い)というのも述べてきました。

今後、きちんと書くつもりですが、東出と梵との期待の差はそこにあります。
なので、得点力の元が打率に頼る部分の多く、かつこれまでに安定した高打率を出してこなかった東出への期待はそれほど高くないということです。

>梵や小窪の成績が低下する可能性も充分あると思います。


ですので、この部分は十分あると思っていますよ。
2009/03/30(月) 19:14 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/207-f21df60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。