上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

焦りが見えるが気のせいか? と 左右病

ここでは、「焦りが見えるが気のせいか? と 左右病」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

・雨男認知
・賽

前々からざっとではなくきちんと書きたいと思っているネタですが、

なかなか時間が取れなくてね…


自分の今の野球の見方のベースになる部分でもあるので、早く皆さんに読んでもらいたいんですが。







さて、今日はちょっと気になったことをざっと。


廣瀬は、レフトは守備としてなれないだけなのかな。


どうも、今日の守備機会見ていて、違和感がある。




ここからは主観たっぷりの妄想を多く含みますが…




守備固めでも一番に走っていく姿



スポーツ選手としてもちろん好意のもてる姿なんだけど、



今の廣瀬を見ていると、どこか「焦り」を感じてしまうんだ



そりゃぁ、今の起用法を見ればがけっぷちって気持ちもわかるし、本人のコメントでも今年にかける気持ちはわかるんだ。



ただ、その焦りが、守備を狂わせているようにも思う。



今日の二つの守備機会も、どちらのプレーもそこまで進塁への警戒を持つ必要があるのかというように私には見えた。


もっと、ひとつひとつを正確に…でもいい場面ではなかったかというように。



守備でいいところを魅せようという気持ちがプレーに出ている…そんな風に私は感じてしまった。



5月17日のブログから


はじめに




今日は雨の中、試合時間が遅れたのに待ってくれていたファンの方




ありがとう。






試合ではミスをしてチームに迷惑をかけました。



今日のことは絶対にわすれません。



ミスはプレーで返すしかないです。



ファンの皆さんに喜んでもらえるプレーを見せたいと思います。







確かに5月13日のプレーは素晴らしかった。


ただ、あれを毎回する必要もなければ、できるプレーでもないと思っている。


自分の能力を発揮し、できることをしっかりするってのが、ファンの皆さんに喜んでもらえるプレーだと思うんだ。


ファインプレーばかりが喜んでもらえるプレーではない、

ただ普通にプレーするだけで十分、喜ばせるプレーはできるだけの能力は持っていると思う。



マクレーンのレフトとは違うんだからさ。




小早川コーチが、ナンバー1守備力の外野手として一票を投じるくらいなんだから。










気のせいかもしれませんが、どうも焦りが見えてしまいます。


普通にプレーするだけで、素晴らしいプレーができる能力の高い選手だと思っています。


もう少し肩の力を抜いて、リラックスしてもいいのではないかと、一ファンとして思っています。




応援しています! がんばってください!









もう一点、ついでに書きますが、私のマーティの監督として認められない部分。




『左右病』


なんか、監督って左右病の病にかかっている人って多いよね。





2007年にシーズン終了後に書いたことですが…


ここ6年間の左右別OPSです。

対左投手 .691(297打席)
対右投手 .810(218打席)



んで、今年は
対左投手 .000(18打席)
対右投手 .833(18打席)


もちろん、今年の左投手に対する成績は擁護できない成績ではありますが。
ただ、左が先発のときに使って、右が出てくると変えるっていう使い方をされる選手ではありませんよね。

にも関わらず、相変わらずそんな変な使い方をされてるんですよね。


対右投手の打席の方が、対左投手より普通なら1.5倍程度になるんだから、だまって使いつづけてみればいいのにね。

それができるくらいの評価までは言ってないってことなんでしょうが…



ちなみに去年は

対左投手 .200(20打席)
対右投手 .550(10打席)


なんで、同じ過ちを何度も繰り返そうとするかな。
こういうところを見ると監督のデータに興味がないなぁってのがわかるし、


んで、当然、そんなことは上の方々は目もいってないんでしょうね。


勝つためにチームを適正な分析ができる人間がいない(ように見えてしまう)













あと、會澤は岩本と一緒にいいタイミングであがったなぁって思った。
投手もまだそれほど崩れていない中で、大竹などの投球の相手もできて、
また二軍でずっと一緒だった岩本もいることで気持ちの面の負担も少しは楽なんじゃないかな。
(それは岩本に関してもいえることだけど)
仲良さそうに、キャッチボールしてて…

それにしても、本当に初々しい!

今後のカープを背負っていく二人かな。期待しています。
(會澤について…というか捕手に関しても今度書きたいな。)


もう一つ、嶋の長打率の低さが酷だ。
打率は、今程度でも、四球は選べているし、長打が出ていれば特に気にすることでもない。
ただ、今のIsoPだと、打率が3割いっても、それほど評価できないな。


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
次回の記事も待ってますって方、クリックお願いします。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/248-b244cd72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。