上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

雨男認知

ここでは、「雨男認知」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング


「大切な用事があるとよく雨が降る」
雨男と呼ばれる人間がこの世にはいる。

では、実際、本当にその人間が雨が降らせるかどうかというとそんなことはない。

例えば、たまたま何回か雨が続いたりすることにより自分は「雨男」だと頭の中で「マーク」される。



大切な用事がある時に晴れていても、それは日常に埋没し、記憶には残らない。

逆に、雨が降り頭の中の「マーク」された部分に触れたとき、選択的に記憶にストックされていく。


一度、マークされた事象は選択的に記憶により、どんどん強化されていく。




例え、通常の確率であろうとも、

「また、雨が降った」


「いっつも雨だ」という風に。




雨男だと思い込んでいる人間に、あなたは雨男ではないということをわからせるためにはどうすればいいか?




客観的な情報を示すしかないだろう。





これは、日常のいろんな場面で生まれる認知だ。




そして、もちろん野球界にも。



『日本野球の常識』は、多くの人間の頭の中にいろんな「マーク」をつけている。



例えば、四死球による出塁はそれ以外よりも得点に絡みやすいというのは本当だろうか。

四死球による出塁によって生まれる得点を選択的記憶し、それ以外は無意識に流していないだろうか。


バントという作戦に大きな「マーク」をつけていないだろうか。
バントをしながら一点もとれない回も多くありながら、バントによって取れた得点を選択的に記憶し、過剰評価していないだろうか。
バントをせずに一点も取れない回を見て、「バントをすればよかった」闇雲に言ってないだろうか。

「一塁ランナーが走力のあるランナーだったから、投手に重圧がかかったことによりヒットが生まれた」というのは、どうだろう。
一塁ランナーが走力のあるランナーにも関わらず打者が打てなかった場面もいくらでもあるが、ヒットが生まれた場面だけを選択的に捉えていないだろうか。



上記のすべてを否定するわけではない。

言いたいのは、きちんと検証せずに『当たり前』で片付けてしまってはいないだろうか。

それでは、「日本野球」という偶像をわかっても、野球はわからないままだろう。









ただし、この『日本野球界の常識』が蔓延しているのは、「持たざるもの」にとってはむしろ幸いなことである。


3倍差ある資金力で、同じ考え同じ戦い方、同じ投資をしていたら、早々勝てるわけがない。
運がよくちょっと勝ち星が伸びることがあっても、それが長く続くとは思えない。


もしも『日本野球界の常識』に捉われた、非効率的な戦い(投資、補強、戦略、戦術などすべて)をしてくれるならば幸いなことであり、
我々は徹底的に常識の殻を破り、効率を追求すべきである。


「持たざるもの」が勇気と知恵を振り絞り、「持つもの」を倒していく。

なんとも魅力的なドラマになるだろう。


私は、そういう野球をこの球団に望んでいる。



「持たざるもの」だからこそ、とるべき道がある。


カープ野球=機動力野球という伝統をまず見直すべきだろう。


「持たざるもの」でありながら、6割勝てる野球を目指す姿を私は見たい。





『カープ野球=勝てる野球』



いつしかそう呼ばれるような、野球を私は見たい。





!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
次回の記事も待ってますって方、クリックお願いします。
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!







ちなみに、私も雨男で、今年行った試合、見事に雨が降っている…というオチw
スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
以前、マネーボールを読んだときにいいお手本があるじゃないかと思いました。金がない=清貧という考えがこの球団にはありますが1番の問題は金の使い方、頭の使い方が悪いということではないかと。選手が取れないなら裏方を充実させる、楽天みたいにコンビ二のシステムを応用してデータを纏めたり、スコアラーを充実させたり、こんなことは今からでもできますしね。機動力野球にしても機動力を生かすためにはどういう選手が必要か? 足を生かすためには出塁率をあげる、長打、塁線を狙う、走塁技術を上げる、そのためにはどの選手を入れるか、使うか、機動力でいくならコーチ陣は今のままでいいのか、機動力を表に出したいならもう少し突き詰めて考えて欲しいものです。
2009/06/08(月) 11:40 | URL | 緑の酒屋さん #-[ 編集]
緑の酒屋さん、こんにちは☆

その通りですね。
何も自分達が草を刈るところからはじめる必要はなく、成功例の模倣でも良いんですよ。

また、機動力野球というのが、まず、この言葉自体非常に曖昧で、
曖昧であるが故に選択的思考、錯覚に陥りやすいものだと思います。
(『あのプレー』でこの試合は勝てた。『あのプレー』はカープらしい機動力野球だ。やはり機動力野球は大切だ、という風にね。)

ファンからしてみても、メディアからしてもそれは曖昧でも良いんですが、
大事なのは、自分達が掲げている方向が勝てる野球であるのか、そしてそれを正しく理解しているのかということですね。

>、楽天みたいにコンビ二のシステムを応用してデータを纏めたり
これに関してはまったく知りませんでした。
2009/06/08(月) 13:02 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/249-78f12c64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。