上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

マーティ、お疲れ様でした!

ここでは、「マーティ、お疲れ様でした!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

ブログをエントリーして、コメントをもらう。

ブログの一番の楽しさって見る側あってのものなんだよなって、久しぶりに思い出しましたw


コメントだったり、ランキングだったり、拍手だったり。


ただのログ(記録)だったら、ネットに上げる必要はないんですからね。


そういえば、人に認めらたいというのは、人間の大きな欲求なんですよね。



ということで、コメントにランキングに拍手によろしくお願いしますw






さて、マーティ・ブラウンが辞任申し入れをしましたね。


ありがとうという気持ちと、お疲れ様でしたという気持ちです。



私は、マーティのことは少なくともここ数年の監督に比べたらましな監督だと思っていますし、好きな監督でした。

もちろん、彼のすべてを称賛するわけではありません。

ただ、あまりに『自分たちの野球との差』だけで批判を浴びすぎていた…と思えて仕方ありません。

「この場面はバント…」「この時の代打は○○」「継投が悪い」

この戦術レベルの差がどれだけ勝敗に影響をするのか。

その部分の評価が適切に行われずに、
自分の気に食わない戦術を目の前にし、結果敗戦になった時に、
本当は微かな影響しかないのにもかかわらず、その「戦術で負けた」といったように過剰な判断をされて、批判をうけているように見えた。

勝敗に100のうちに0.1の影響しか及ばない戦術を(それが、マーティの方が勝率を上げる選択だったとしても)50にも、80にも敗因の原因として、
一部のファン(『自分の野球』の価値観が正しいと思い込んでいるファン)に批判されているように、
私には思えた。

例えば、
バントの成功率はどの程度なのか、一死の重さはどの程度なのか…
その判断が正しくされていたのか

例えば、
二塁にランナーを置いて、2割5分の選手と2割8分の控えがいた時に2割5分を選んだことがどれだけの影響があるのか。
そもそも、少ない打数でその選手の能力が数値に正しく反映されているとも限らない。
ランナーをかえすためには打率だけではなく長打力も影響する。
また、出塁率はどうか、総合的に判断はされているのか。


例えば、
継投について、144試合をどれだけ考えれているのか。
変えなかった時の、またほかの選手のときの期待値との差がどれだけあるのか…



戦略レベルの「負」が戦術による「負」として、見られているように私には思えてしまう。


そうみられてしまったこと(いわゆる日本的なオーソドックスな采配ができたかったことにより、戦力として劣っている。球団としての戦力補強の意識への希薄さを見えにくくしてしまっていること)が彼の責任であると言われれば、そうなのかもしれないが、

今年の先発の起用法、去年までの中継ぎの起用法…
(これは、戦術というよりも、方針という意味では戦略ですね)


どちらにしても、過去の日本人監督ではできなかったことであり、大きなものだと思うんですけどね。

来年になっていつも通りカープらしい時代と逆行した「先発完投主義」 「中継ぎはよければ使いまくる」という戦略を取られたら、夢も希望もない。

今年は特に、この戦力に夢も希望も持てませんでしたけど、ただ、彼の大まかな方針というのは大きく支持するんですよね。




うーん…急ぎ足で書いたら、よくわからない文章になってますね。
特に戦術と戦略の説明がきちんとされていないので、よりわかりにくい文章になっていますね(^^;)


自分の頭の中を、うまくそして早く表現できればなと思うんですけど、まったく駄目ですね。

そういえば、今日本当はこのことじゃなく違うことを書く予定だったんですが、今、HAでマーティの辞任の言葉を見たら、ちょっとウルッときて…

「自分は改革を求められていると思ったが、実際は違かった」今年の夏ごろ、アメリカの新聞にマーティのコメントとして載っていたようですね。
1年目にもニッカンゲンダイに似たようなコメント載せていましたね。

個人的には同情しています。




そして、今後は活躍することを祈っています。


彼が監督として無能だったのではなく、球団が無能であるということを証明するためにも。


(ただ、現状、楽天の監督は、高値をつかまされるという危険があるなと見ていますが)




本当にありがとうございました!
スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/10/08(木) 21:46 | | #[ 編集]
こんばんわ☆

智将、猛将が率いる少数の軍勢が、大多数の軍勢を打ち破るというようなのが好きですからね。
ただ、野球において戦術なんて限界があるでしょうし、奇策といってもたかが知れているわけで。
城の裏側の崖から攻めるなんてような、できないんですからw
その前に、どんな武器が、どれだけの戦力が揃えられているか、またどんな方針で戦うかの方がよっぽど大切なのは当たり前のことではあるんですけどね。

コメントありがとうございました。
そう言っていただけると、ほんと、力がもらえます。


2009/10/08(木) 22:10 | URL | むのん #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/270-a5c375a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。