上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

100球交代制?

ここでは、「100球交代制?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

今日は、携帯HAの池谷氏のコメントでちょっと引っかかった。

以前から、他のところでもよく目にして気になっていたんだけど、

マーティの「100球交代」制に対する批判。

そして、池谷氏は「『先発投手』が育ったかといえば、疑問符がつきます。」と述べている。
(あえて先発投手に、あえてカギカッコをつけているのは、先発とは完投を目指すもの、といったように、長いイニングをこなせる投手であるという意味合いなのでしょうかね。)

先発投手が、開幕ローテのまま回るというのは、そんな簡単なことではない。
キャリアがある投手ですら、簡単に計算通りいくなんていかない。
怪我で離脱もある、結果が出せないこともある、中継ぎとの兼ね合いで動くこともある。


2003年開幕ローテ 黒田 高橋 ブロック 佐々岡 ニューマン 長谷川
     秋   黒田 高橋 ブロック デイビー 河内 長谷川

まだ2003年はいい方。

2004年開幕 黒田 ベイル 河内 高橋 大竹 デイビー
    秋   黒田 ベイル 河内 佐々岡 小山田 長谷川 永川w

2005年開幕 黒田 大竹 長谷川 佐々岡 高橋 小山田
    秋   黒田 大竹 レイボーン デイビー 大島 小島


ローテが計算通り回るということは、そんな簡単ではない。

キャリアがそこそこある選手でもそうなのだから、今年のカープのローテなんて実績からいったらなおさら、計算なんてできない。

実績がある複数年ある投手は、大竹のみ。

ルイスにしろ、前田にしろ、篠田にしろ、斎藤にしろ、実績なんて一年足らず。

ローテを一年すら守ったことのない選手ばかりでローテを組まれた。

2009年 開幕 ルイス 前田健 篠田 大竹 斎藤 長谷川
     秋  ルイス 前田健 今井 大竹 斎藤 青木高

それでも、一年間、篠田の怪我による離脱があったが、小松、今井共に先発(小松は先発時防御率3.55)としては好成績を残しているのも事実。
先発防御率は、巨人の2.91 中日の3.35に次いで3位の3.38
(って、おれも全試合終了してから計算すればいいのに、待ち切れずに残り1試合を残してやっちまったorz)


100球交代制というのが、マーティの方針として存在すると認識しているのならば
マーティ方針の元、実績が過去一年もないレベルの投手達が、好成績をあげている事実を受け入れるべきではないだろうか。

『好成績をあげている』と『マーティの先発起用法』が、必要十分条件で成り立っていると言えるわけはないが、
2009年シーズンにおいて、『先発投手は好成績をあげている』という事実がある以上、『マーティの先発起用法』は成功していると言って良いと私は思う。
少なくとも若い選手を中心に結果を出しているのだから、それを育ったと言っても否定されることはない。
これを育っていないと言うのならば、それはマーティに対する好き嫌いでしか見れずに、冷静な分析ができているとは思えない。
また、先発が一年間ローテで回るという難しさを忘れてしまっているのではないかと思える。


そもそも、メディアは100球交代制と、ひとまとめにしているが、
3回以上投げた先発試合(炎上していない試合)でそれぞれ球数を取ってみれば、
大竹 110球 ルイス・前田 100球 斎藤 90球弱 小松・今井が80球前半くらいで、それぞれの投手に関して、一律ではなく個々の選手に応じて使い分けはしっかり行っている。
(時間があれば他球団の先発と偏差に関して比べてみたいところ。
方針があるのだったら、明確に偏差が少なくでるはずである)
むしろ、それぞれの選手に対して、体力的に余裕を持たせての交代という印象を受ける。
ただ、大竹、ルイス以外は若い選手中心なのだから、その方針は間違っているとは思えない。
それを、100球交代制とメディアはミスリードをし、批判しているわけです。

マーティの方針(100球交代制?)で、中継ぎに負担がかかっているというような表現も見られるが、先発の消化イニングも中日、巨人に次いで3位であり、極端にこの起用が中継ぎのイニング数を増やしたわけではないというのも事実である。
早い段階の交代で質のいい状態を保ったことが、結果として先発の消化イニングを増やしたとも言えるのではないだろうか。


シーズン序盤から指摘しているように、今年の中継ぎの起用法には、私も納得はいっていない。
今年結果をだしたいという、焦りから、これまで方針に従って行っていたことが行えなかったと推測している。
「たら、れば」を言っても仕方ないが、これまでの方針に従って起用していれば、梅津の早期離脱を防げた可能性は上がっていただろう。


先日、戦術と戦略について簡単に述べたが、試合中にバントや代打の起用法が戦術であり、
上記のような、「ある程度球数を決めて余裕をもって交代させる」であったり、「3連投をさせない」「勝っている試合には、JFK」というような方針に近いものが監督の度量でできる戦略であると考えている。
そして、編成における戦略が、どういった武器を用意するか…つまり、ドラフトや外国人も含めての選手補強であり、

重要度は、編成レベルの戦略>監督レベルの戦略>戦術と考えている。

前監督の時は、どれもダメダメだったが、マーティは、監督レベルの戦略において、評価する部分が少しではあるがあった。
特に、就任時にそれまで大きな不満のあったブルペンに関してメスを入れ、方針をしっかりたて、去年までは、その方針をベースとして投手起用していたということは、私は評価していた。

今年は中継ぎの方針が徹底されなかったことは残念であるが、もし、先発に関して本当に球数での交代を方針としていたというならば、これだけ計算が利かない先発陣が結果が出した以上その方針に関しては、私は拍手を送るしかない。



「まだ投げれるだろう」と思う場面で変えられ、その次の投手が打たれた
今年は、そんな場面がいくつかあり、またメディアの100球交代制という事実とは違うミスリードによって、批判をされた場面を見てきた。
表現はうまくできていないが…、
それまでは球数制限を行っており、コンディションを保っているが、その日のその場面は、球数を多く投げても大丈夫としながら、現実では次回も球数制限でコンディションを保っている・・・
つまり、球数を投げても大丈夫、そうすればこの試合は勝てたのにと頭の中で勝手な妄想をしながら、現実は余裕を持って変えられた状態でコンディションを保っている・・・・・・・・・

だめだ、この表現力のなさwww(諦め
要は見る側は都合のいいように妄想できるもの。



今後、新監督がどのような戦略を立てるか。
先日も書いたが、先発完投主義などは勘弁してほしい。

今年先発が好成績を出したことが、マーティと影響があるかもしれないし、ないかもしれない。
一年の結果で、「間違いなく」と言えるほどの、試行回数(試合数)はこなしていない。

ただし、これで、先発が安定しているのだから、それを壊す必要はない。

これに、マーティが就任時掲げた中継ぎの方針を加え、そして、中継ぎ投手の使い分け。

そして一番大事なのは、中継ぎ投手の補強(編成レベルの戦略ですね。)

FA含め日本にに目ぼしい選手がいないなら海外に行っている日本人連れてくるぐらい、今年は客が入っているでしょ。
(と言っても、実際は取れる状態の選手がいないか。薮田に建さんくらいか。)

今井、小松、篠田は先発(準先発)として計算。離脱、不調はでるのだから、まだ、少ないくらい。



話は逸れたが、今年マーティの先発起用法について、中国新聞はもちろん、携帯HAでも、またファンのコメントでも批判は見てきた。
超短期的に見た時には、当てはまるかもしれない批判だが、143試合の中で先発のこの結果を見る限り、
私には批判の言葉は思い浮かばない。

そして、私がマーティのことを応援する気持ちが強いのは、評価できる戦略を行っていることであり、むやみやたらと可哀そうなほどに批判されているからである。

新監督では戦術だけでなく戦略も納得できる戦い方をしてほしいものだ。
何より、編成レベルの戦略が最も重要ではあるが。










さて、久しぶりに、時間を取って書いてみました。
もし、少しでも何か感じることがあったら、いや、なくてもコメントに拍手に、ランキングクリック、よろしくお願いします<__>
スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
私もマーティの功績は認めるべきだと思います。特に投手陣は将来的にも期待できるレベルになったのではないでしょうか。
野手陣に関しては完全に編成が駄目にしてしまいましたが・・・。
ところで、楽天がマーティを監督候補にあげているようですが、やはりアスレチックスと提携(でしたっけ?)したことが関係してそうですね。
配球云々の野村監督は、セイバーメトリクスを導入する上で邪魔でしかありません。その点、マーティはアメリカである程度の知識を持っているでしょうし、導入をすんなり受け入れられそうですから。
2009/10/10(土) 02:06 | URL | 所鯉 #-[ 編集]
お疲れ様です、レッドルです。
初めてコメントさせて頂きますw

確かに「100球制限」と括って批判される事は多かったですね。
個人的には100球は目安であり、ご指摘通り投手によって使い分け、年間トータルで先発投手の質を保つ事が(故障の回避も)主な目的だと思いますが。

中には10勝に王手をかけながら届かない若手投手の現状に対して、100球制限の弊害と言ってる人も見ましたw
10勝にも拘りを持つ人が多い。

思うにブラウン監督の戦略であり戦術は、むのんさんの言葉を借りるとブラックボックスを構築しやすいんのかもしれません(使い方あってるかな?)。
評価すべき部分が土台として自分達が足場に敷いていながら、それに気付かず目の前の試合に捉われて「たら、れば」を繰り返しながらどんどんブラックボックスが大きくなり、また数も増えていくのではと。
それが最終的に「普通の監督なら楽にAクラス論」に繫がっているのかもしれません。

・・・僕も表現力がありませんねw

長文になってしまったのでこの辺で失礼します。
ではまた。
2009/10/10(土) 10:33 | URL | レッドル #-[ 編集]
所鯉さん、こんにちは☆

今年の若い投手の活躍は素晴らしいものがありましたが、
今後、それをお得意のカープ流で潰してしまうことがないかと今から戦々恐々としています。
楽天に関しては、ご指摘通りだと思います。上が主導で指揮をとるのに、ベンチにそれほどお金はかけないし、発言力もいらないということなのでしょうね。
楽天の編成に関しては数年前からセイバーな方向を見せていますのでね。
ただ、今年の結果からいえば無理に変える必要はないんですけどね。
まだ、十分とは言えない戦力なのですから、来季、落ちる可能性もあります。
その時に入れ替えた方がファンの支持も得られるのになと思います。
2009/10/10(土) 16:18 | URL | むのん #-[ 編集]
レッドルさん、こんにちは☆

今日の解説者もしきりに10勝と言っていましたね。
そんなくだらないことを言って、選手に拘りを持たせることはやめて欲しいです。
そもそも勝ち星という考え方も、実にくだらない。
古くからあるスタッツの防御率などと比べても外的要因が多いのは明らかなのに、そういうスタッツが好きなんですよね。
(打者でいえば、打点ですね。)

>評価すべき部分が土台として自分達が足場に敷いていながら、それに気付かず

この表現、わかりやすいと思いますよ。
そういうことですよね。
使わせてもらいますねww
2009/10/10(土) 16:30 | URL | むのん #-[ 編集]
おつかれさまです。

先発中継ぎ中抑え抑え。

すでに分業制がマニュアル化されて

何年経つのでしょうか。

いまさら180球150球完投の世界に

戻るとは想えませんが。


先発の100球を基準と定めたのなら

徹底しなければ意味が無いと。

もちろん例外はありますよ。

単純に先発は27個のアウトを100球

ないに獲れば完投できる。

マーティの就任時に掲げた無駄な

四球を減らすにつながると想います

中継ぎの起用法に関しては、まだ

考えがまとまりません。

その試合の先発のでき、試合展開に

よって左右されることをどう考える

か。

ただブルペンの層が厚くなれば

なるほど中継ぎの完全ローテーショ

ン化も可能なんでしょうか。

ベンチ入り人数との兼ね合いもあり

野手の層の厚さも関係してくると

想います。

悠葵は先発の役目を果たしたと云えるのか?

今シーズンのチームには充分貢献した!!
2009/10/11(日) 01:23 | URL | ク・ネス #-[ 編集]
お久しぶりです、更新再開されたのですね。中継ぎ陣の充実、役割分担、試合数の増加によるコンディション管理は最近の主流であり指摘されたとおりだと思いますが先発に関しては先発完投を目指すべきだと思います。ただその指導も140球、200球投げて完投を目指すではなく、100球を目処にどれだけ長いイニングを消化できるか?完投、完封はあくまでその延長だという意識で指導して貰いたいのですが・・・どうも期待が持てませんね。開幕直前で野戦病院なのは勘弁して欲しいです。
2009/10/11(日) 01:37 | URL | 緑の酒屋さん #-[ 編集]
ク・ネスさん、こんばんわ☆

> 悠葵は先発の役目を果たしたと云えるのか?
>
> 今シーズンのチームには充分貢献した!!

斎藤は今後でしょうね。
まだ、若いんですし、今から無理させる必要もないでしょうから。
徐々に球数、消化イニングを増やしていけばいいと思いますし、彼の期待値としては十分な仕事をこなしたと思います。
2009/10/13(火) 22:31 | URL | むのん #-[ 編集]
緑の酒屋さん、こんばんわ☆

>先発に関しては先発完投を目指すべきだと思います。

この表現って肯定もできますし、否定もしますね。
「先発は完投ができるくらいの体力をつけるべきだ」という意味でしたら、その通りだと思います。
馬鹿な投げ込みは、支持しませんが、走りこみなどで9回でも球威が落ちないくらいのスタミナはつけるのを目標にするのはいいと思います。

ただ、体力がある投手もいれば、まだない投手もいます。
また、試合状況で例え完投ペースでも、大差なら投手を試すというようなイニングの消化も必要です。

私は、完投など、一試合の中の起用法はどうでもよく、
『一年を通して質のいい内容×長いイニング』というのをベースにして起用して欲しいと考えています。
2009/10/13(火) 22:50 | URL | むのん #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/272-d687b506
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。