上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ダグラス、テスト

ここでは、「ダグラス、テスト」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

ダグラス帰ってくる!?広島入団テストへ

まぁ入団テストをする可能性は新外国人選手の獲得が決まった頃に、中国新聞で示唆されてましたから驚くようなことではありませんが。

何度も書いてますが…
07年度、新しく各チーム契約を結び加入した新外国人投手は19名いました。
そのうち、加入してからシーズンを通して投げた(基準は30試合以上or50イニング以上投げた)投手は9名です。

そして、その中でも防御率を3点台以上に絞ると4名しかいません。


年俸問わず新外国人が活躍するといのは簡単ではないんですよね。
06年、彼はシーズン通してとは言えませんでしたが100回弱を投げて防御率3点半ばを残せるというのは非常に優秀な部類に入る選手です。

何はともあれ怪我の状態次第でしょうね。

怪我が問題なさそうならば、獲得には賛成です。

年俸に関しては以前も示しましたが、今のところ15億程度と06年に比べて07年はファンクラブ設立+観客動員数増加+新井の金銭補償8千万といったプラス事項があったことを考えると、この年俸総額は少ないです。
もっと戦力にかけるお金があるだろうと思っています。
(そういえば新しい顔ぶれが増えて、フロントが本気で勝とうとしているのではないかという論調が聞こえてきますが、『本気』が見える金の使い方はまったくもってしていません。)


もう1点問題となるのは支配下選手枠70枠が埋まるということでしょうね。
確かに考えるべき点ではありますが、彼を獲得しなかったからといって今後別の選手を獲得に動く可能性ってそれほど高いとはおもえないんですよね。
現状すでに外国人枠4のところに外国人は6名いますし、トレードで1対複数というトレードも賢いとは言えないでしょう。

外国人が増える問題点というならば、やはり4枠しかないということですね。
試行する期間…つまり個々の選手の実力をはかる期間が短くなるということですかね。
二軍で様子を見るというのも大事になってくると思います。


外野手、そして外国人…現状安定した成績が期待できる選手がいないにも関わらず、数は多く、限られた枠の中で起用する方は非常に難しいものになりますね。





☆人気ブログランキング参加しています。
クリックしていただけると喜びますランキングクリック!!!

スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
15億ですか・・・安いですねえ。
やはり計算できる戦力が少ないのは非常に厳しいですよね。
カープ再建の話になると決まってバントや盗塁の細かい野球をしろ、というのが出てきますが、むしろバントや盗塁は少なくすべき(特にバント)と思います。
2008/01/24(木) 22:57 | URL | kan #-[ 編集]
kanさん、にんにちは☆

非常に厳しいですね。
ポジティブにいきたいところですが。
バントについては、下書きでもう書きあがっていますが、バント神話というか信仰というかあまりに強いですね。
それほど、とりたててゆうほどの作戦では決してないんですがね。
2008/01/27(日) 10:40 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/46-58de4b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。