上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

戦力分析【1・3塁編】

ここでは、「戦力分析【1・3塁編】」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

時間をかけて書いたのが一瞬にして消えた( ゜д゜)

なので、軽く書きます。

野手戦力分析です。
Aは一軍トップレベルBは一軍並レベルC一軍レギュラーとしては低 控え二軍レベルそしてDEはそれ以下です。
評価の基本は07年の打撃成績をベースに、年齢、過去の成績、走力、守備で適宜増減しています。
ポジションは07年一番多く守ったところにふりわけています。


【一・三塁】


A

B栗原(27)
 廣瀬(30
C喜田(29) 
 尾形(30)

D甲斐(26)
 山本(25)
E吉田(24) 比嘉(27)

新戦力シーボル(33)

ピンク色は今回3塁挑戦となった選手です。

1・3塁を見るときやはり一番気になるのが甲斐(26)山本(25)吉田(24)比嘉(27)ですね。
正直、かなり厳しいレベルだと思います。
今年、来年と結果が残せなければ積極的に入れ替えが必要となってくるでしょう。
(もう後手になっている感じもうけますが)

甲斐は05年、06年のファームの優秀な成績から07年期待したんですけどね。結果は予想以上の散々なものに終わりました。
また、山本も成長すればおもしろいタイプの選手となると思うんですが…やはりまだまだ実力不足で、
今回外野手である広瀬といったところに3塁をやらせようとする監督の気持ちもわかります。
それくらい、2軍の場を与えている選手たち(そして新陳代謝を行ってこなかったフロント)が厳しい状況をうんでいます。

シーボルに関してはこれまたやってもらわなければ困る選手です。
これまた高いハードルですが、3塁手として並レベルの新井がいて得点力は5位でした。
上位に行くにはシーボルもそのレベルはやってもらった上で、二塁、特に外野手の活躍が必要なんです。

唯一、07年まともな成績を残した栗原も過去に怪我で戦線離脱することが多かった選手です。
チーム作りをするならばそこらへんの配慮もする必要があるんですが、そんな余裕どこにもないですね(^^;)




温水さんばりの薄さを感じています。





多くのカープファン、そして野球ファンに訪れてもらうためにも1日1クリックよろしくお願いいたします。

☆人気ブログランキング☆


☆にほんブログ村 広島東洋カープ☆


スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/57-2eae16e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。