上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

小山田トレード…データを見て語ります

ここでは、「小山田トレード…データを見て語ります」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

小山田選手と横浜岸本投手、木村内野手とのトレードが決まりました。

ちょうど発表された時期から考えると、27日の納会の時にそれまでに横浜から受けていた話しを現場と話し合って現場の了承をえたのかなと推測できますね。
他の球団でもそうですが納会直後に何かしらの球団の動きがあるというのはあることです。




では、まず成績などを見比べてみたいと思います。
(手計算なので若干ずれがあるかもしれません)

まずは小山田選手。

来年度32歳 推定年俸1920万



























小山田年度防御率試合数投球回数被安打率奪三振率与四球率被本塁打率


2002年2.7244439.26.92.720.62












2004年3.152191.18.645.852.340.88


2005年4.6718115.210.086.660.271.32


2006年5.418159.6310.175.40.6


2007年8.2531215.036.754.51.5





















二軍2003年4.3615338.726.5430.81












2006年4.9822218.16.843.781.2


2007年3.46235298.463.61.38



02年に30Sを記録し活躍したが05年に右肩を故障してからは一軍では安定した投球はできていませんでした。
今年は一軍ではそれほどの成績は残せていませんが、二軍ではそこそこの成績は残していました。
ただし、1点気になる点といえば被本塁打率の高さですね。
あとは、奪三振率が過去に比べて高くなっているのは一時的なものなのでしょうか。
被本塁打率と共に高くなっているのは因果がありそうな気もします。

二軍の成績を見るともう少し一軍で見たかったですね。


次に、岸本投手。
来年度 26歳 05年入団 推定年俸 900万 










岸本年度防御率試合数投球回数被安打率奪三振率与四球率被本塁打率
一軍2005年4.661519.18.015.226.120.9

2006年4.7615.16.396.574.140

2007年4.5347.2904.5









二軍2005年3.231430.28.019.274.770.54

2006年4.3206710.627.742.790.63

2007年4.843135.19.998.463.870.45



二軍の防御率は年々落ち込んではいるが、他の数値を見てみるととりわけ悪くなってはいません。
確かに、入団当初からの伸びは感じられないが、試行錯誤具合はどこか伝わってきません。
(2年目は奪三振率と被四球率が同時に低下している。つまりは、意識としてコントロール重視ということでしょう)
また二軍の各データを見てみると、被安打は多い方だがそれ以外は並以上の優秀さはあると言えます。

同い年小島の今年の二軍の成績と比べてみます。




小島 心二郎防御率試合数投球回数被安打率奪三振率与四球率被本塁打率
2007年3.831349.10.8345.292.930.36


まだまだ、岸本には荒さを感じますね。
二軍はスピードだけで抑えることができます。だからこそこの奪三振率の良さにつながっているのでしょう。
しかし、一軍はそれだけでは決して通用しません。
やはり、一皮も二皮もむけなければ一軍で活躍する日は遠いように思います。



もう一人木村選手に関しては、年齢も守備位置も打力の低さも山崎と丸かぶりですね。
違う点といえば両打ちであり、武器が足というところでしょう。
単純に戦力として計算できるかというと難しい選手だと思います。
ただし、移籍することによる新しい『出会い』が何かを起こす可能性だって0ではありませんからね。



このトレードが得か損かは現時点では決して言えません。
ただし、どちらも今年戦力として大きくプラスとして働いていなかったという点を考えれば互いに痛みはそれほど感じないトレードになったのではないでしょうか。

来季のみを見たとき、やはり岸本と小山田を比べると後者の方が活躍する可能性は高いとは思います。
しかしながら、岸本には小山田に比べれば『若さ』がありますからね。
正直この年齢で『素材型』というのは何なんですが、武器はもっているようですから、あとはそれを生かす術を身につけることができれば大きな花をさかせるのではないでしょうか。

彼らの花をさかすための水となる『出会い』がカープであり大輪の花をさかすことを願います。

そして、小山田選手、本当にありがとうございました。
抑えの時の力投に、先発に回った後の力を抜けた投球で抑えまくっていた君の姿は忘れないでしょう。
新天地で、カープ戦以外で大活躍期待しています。



正直、マーティが積極的なトレード希望をしておきながら横浜からくるまで話がなかったことを考えれば、
小山田選手で即戦力として期待できる選手の獲得は難しかったということでしょうね。




人気ブログランキングへクリックお願いします☆
スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

関連タグ : 岸本秀樹,

この記事へのコメント
はじめまして。
岸本も木村も2軍で見たことはありますが、正直インパクトはありませんでした。ただ環境が変わることで化ける選手がいますので期待はしようと思います。

TBとリンクをさせていただきました。よろしいでしょうか?以後よろしくお願いいたします。
2007/11/30(金) 10:52 | URL | tomy-lee #-[ 編集]
tomy-leeさん、こんばんわ☆

実ははじめましてではないんですよねw
一度、違うブログをやっていた時にtomy-leeさんのブログにお邪魔したことがありました。

TBとリンクありがとうございました。
こちらもやらせていただこうと思います♪

今後ともよろしくお願いします☆
2007/11/30(金) 22:05 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
それは大変失礼いたしました。
以後よろしくお願い致します。
2007/12/01(土) 01:03 | URL | tomy-lee #-[ 編集]
いえいえ、そんな(^^;)

リンクさせていただきました☆
2007/12/01(土) 19:36 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
ファームの成績で重要視したいのはやっぱり四死球と奪三振ですよね。
四死球が少ないと言う事は投手にとって一番重要な能力であるし、これがイニングの半分以上を占める投手1軍にはまだ速いと思ってます。
また三振が多いという事は、ストレートや変化球などで武器になるボールがあるという事。
イニング数と同じくらいの三振を稼げる投手はボール自体は上でも十分通用できる可能性があるケースが多いですね。

そう考えると、岸本の四死球はイニング数のほぼ半分と、まだ即1軍でリリーフができるといえるような堅実性はないものの、数年かかりそうな問題外と言うほどのノーコンでもなく、同じトレード候補かもしれなかった同様の速球派である吉川を遥かに越える高い奪三振能力など投手そのものとしてのスペックは高いのではないかと見て取れます。

またリーグの違いもあるので単純比較は難しいですが、小山田と比べると試合を作る能力に置いてはまだまだ小山田に劣りますが、投手としての魅力は岸本の方が長けているんじゃないでしょうか。
加えてこの年齢ですから、カープの台所事情を考えると、来期だけを考えれば小山田の方がチャンスがあると思いますが、先を考えるとそう損なトレードではなかったように思いますね。

また人的補償候補に漏れるかもしれない桟原や福原なんかも四死球と奪三振見ると非常に優秀ですよね。
2007/12/01(土) 19:41 | URL | クリオネ #-[ 編集]
クリオネさん、こんばんわ☆

>来期だけを考えれば小山田の方がチャンスがあると思いますが、先を考えるとそう損なトレードではなかったように思いますね。

そのとおりで長期的に見なければわからないトレードだと思いますね。
岸本自体もベースとなる能力はあると思います。
あとは、何年かけてそれが芽を出すか…それとも芽が出せずに終わるのかですね。
2007/12/05(水) 22:52 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/6-c30ed6c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
小山田さんとラジオで会話したことは忘れません。 ■広島・小山田、横浜へ=1対2の交換トレード成立-プロ野球(時事ドットコム)広島の小山田保裕投手(31)と横浜の岸本秀...
2007/11/30(金) | carp-40s-club ~どこまでも上を目指して~
いや~、まだ何もはっきりとわかってない事に対してフライングで憶測で書く事はマズい事だと去年の日刊スポーツの黒田阪神移籍!!の記事やつい最近の日刊スポーツのサッカー監督オ...
2007/11/30(金) | カープ試合分析2007
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。