上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

第二の打率(新打率)

ここでは、「第二の打率(新打率)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

前回紹介したNHKの「日本とアメリカ(3)日本野球は“宝の山”・大リーグ経営革命の秘密」という番組に関する記事です。

まず、前半は第2の打率、そして三振/四球という数値の紹介があったようですね。




ようですね…と伝聞風に書くのは…




前半は風呂入ってみていませんでした( ゜д゜)






自分で番宣しといて(^^;)



まず、第2の打率について

第2の打率(新打率)=(塁打-安打+四球+盗塁-盗塁死)÷打数

この式が一般的に使われているようですね。


安打数を引かれているところから、単純にその選手の『得点力』として能力を評価できるものではありませんね。
どちらかといえば潜在的な能力を見るための数値といった方がいいでしょう。



具体的に嶋選手を例にしてみましょうか。
各年の第2の打率はこのようになります。

04年0.314
05年0.284
06年0.220
07年0.291

他のカープの打者の第二の打率はこちらのサイトでご覧ください。

こう見ると、07年最も第二の打率が高かったのは嶋選手となります。

新井よりも栗原よりも嶋が一番カープの得点力を上げたかというのは考えられません。
(感覚的だけでなく、OPS,XR/打席、RC/打席などの数値から考えても)
では、なぜこのように嶋が最も高い数値を出すかというと、安打数をマイナスしている点ですね。
打率が低く、長打率、四球率の高い選手ほど数値は高く出ます。
嶋の場合は安打数のわりに長打、四球が多いため第二の打率は高くなったということでしょう。

また、この式中、単打の価値は0です。
(展開してみると 単打+2×二塁打+3×3塁打+4×HRー安打(単打+二塁打+3塁打+HR)+四球+盗塁ー盗塁死=二塁打+2×3塁打+3×HR+四球+盗塁ー盗塁死と単打が消える)

嶋がもう20本の単打を多くはなっていたとして、打率、出塁率、長打率、OPSは高くなりますが、第二の打率は変わることはありません。
では、単打が得点に寄与しないかといったらそれはありえませんよね。

安打数を引かれているところから、単純にその選手の得点力として能力を評価できるものではありませんね。

それが、上記でこのように述べた理由です。

どちらかといえば潜在的な能力を見るための数値といった方がいいでしょう。

こういった理由については、これまで何度もブログに来ていただいている方はどういうことを言い出すかは読めるかもしれませんね。

一番短い説明をすれば、嶋から考える野球学とそしてそこで紹介しているサイトを見てくださいで終わりです(笑)

ボロスマクラッケンの考えをを完璧ではないが強くあらわしている式といえると思います。

この第二の打率の使い道としては、(打率で過小評価されている)選手の再評価・発掘ということでしょうね。
07年の一軍での第二の打率を見ると、ガイエル、福川、川本とヤクルト勢の怖さを感じます。
逆に100打席以上に選手を絞ったとき、最低は森笠でした。


カープの07年の二軍での第二の打率を見ると、こちらもまた何度か今年一押しで紹介している、中東と鞘師の数値が抜群に素晴らしいです。
中日、阪神、カープの3球団の二軍の中で50打席以上立った選手の第二の打率が4割を超えているのは、タイガースの藤原、鞘師、そして中東の3名だけです。
(藤原も人的補償で阪神を調べている時から気になる存在なんですよね。年齢も年齢でそろそろ解雇もあるかと思ってたんですが、逆に年俸があがって驚いたw)

三振/四球についてはまた今度。




※追記

第二の打率に関してなのですが、

安打数を引かれているところから、単純にその選手の『得点力』として能力を評価できるものではありませんね。
どちらかといえば潜在的な能力を見るための数値といった方がいいでしょう。


とのべましたが、07年の得点との相関関係を取ってみると、OPSよりも高い値がでました。
また、年度毎の相関関係を05年、06年のセの打者で取ってみたらOPSよりも高い値が出ました。
(正確には第二の打率ではなく、分母は打数ではなく打席でとったときでした。)

後者は潜在的な能力と述べているように予想通りでしたが、得点との相関関係が高いというのは予想外の結果でした。

選手の『得点力』として能力を評価できるものではありませんね。

というのは、正しいとは言えない発言でした。




>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

今日の廣瀬

左の脇腹の調子が良くなくて今日の練習を回避しました。

無理をすればできるのですが、場所が場所なだけに勇気を出して練習をやめました。



何度も書いてきましたが、今年最も期待している選手です。
今まで順調だった報告しか聞いてなかったので非常に残念ではありますが、まだまだ時間ありますからしっかり治して帰ってきてほしいです。



広池ブログ

昨年は巨人戦で一つ白星があったものの、全体的には悔しい思いをさせられました。

巨人戦の防御率が14点台…orz
巨人、阪神だけ異常に防御率が悪いです。
ファンも悔しい思いをさせられました。

がんばです(`・ω・´)






・嶋が左ひじの怪我で加療3週間。日南キャンプスタートで片手でバット振ったりとその怪我の中でできることをしている
・シュルツ右肩痛
・篠田 右扁桃周囲膿瘍で3日入院、7日から別メニューで練習を開始
・9日、廣瀬左わき痛 全治3~7日間程度

・永川、フォームで苦しむ

・ルイス、コズロースキーの評価上々
・松山、場外弾などで早速打でアピール 大沢親分が全国放送にて太鼓判



スポンサーサイト

多くのカープファン、そして野球ファンに訪れてもらうためにも1日1クリックよろしくお願いいたします。


☆にほんブログ村 広島東洋カープ☆
☆人気ブログランキング☆

この記事へのコメント
他球団ファンですがいつも楽しく読ませていただいています
阪神藤原選手は一軍で捕手以外ならどこでも守れるユーティリティープレーヤーでバントが下手な選手が多い阪神ではピンチバンター(そんな言葉があるかわかりませんが)として起用されているので二軍の情報をあまり知らない自分にはこの話は意外でした。今のままなら阪神にいる間は便利屋として使われ続けるでしょうからこのキャンプ中にどれだけ結果が出せるか注目したいと思います
2008/02/10(日) 19:04 | URL | とらい #-[ 編集]
とらいさん、はじめまして☆

来ていただいてありがとうございます。
07年、桜井がブレイクしましたが、桜井の二軍のOPSは.900くらいの活躍でした。
藤原はそれを超えるOPS.960。
二軍で打っても一軍で通用するとは限りませんが、非常に可能性の持っている選手であるとは思います。
ちなみに06年狩野は二軍で首位打者そしてOPSは.980くらいでした。
07年は活躍すべくして活躍したといっていいでしょう。

ちなみに05年の赤松も一年目でありながらそのくらいのOPSで首位打者を取っています。
その後下降していますが、今後どうなるでしょうかね。
2008/02/10(日) 20:37 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
NHKスペシャルは見所満載でしたね!
そのデーターをさっそく使って分析おそれいります
今日も練習試合うちはヤクルトに負けました・・・トホホ
ヤクルトの投手も野手も活きがいいです~!!

赤松選手もブラウン監督にみっちり鍛えてもらって嬉しそうですネ
こういうベンチが羨ましいです~v-10
http://www.daily.co.jp/baseball/2008/02/11/0000832968.shtml
2008/02/11(月) 16:49 | URL | とらとらみちこ #-[ 編集]
えーと、カープファンです
今日初めてブログ読ませてもらいました。よろしくお願いします

第2の打率ということですが、僕はその番組見てないし、その指標に詳しいわけではありませんので単純に思ったことですが、第2の打率というのは、あくまで打率と一緒に見るため重複してある部分を省いてあると感じますね

打率というのは、四死球は無価値であり、単打と長打が等価値の指標なわけですから、もちろん盗塁も含みませんし。

だからこそ、第2の打率は打率の要素を排除して…ということなんじゃないでしょうか

ですから第2の打率で選手を評価する時はあくまで打率と一緒に評価しなくてはいけないと思います。ピンで使うものじゃないんじゃないですかね
2008/02/11(月) 21:16 | URL | YOHSUKE #-[ 編集]
とらとらみちこさん、こんばんわ☆

赤松は、カープの大本営と呼ばれる中国新聞でも取り上げられています。http://www.chugoku-np.co.jp/Carp/Cw200802110045.html
今日の練習試合でも活躍していましたし、今後も楽しみです(^^)

YOHSUKEさん、はじめまして☆

打率と一緒にみるというのは、打率の高くて第二の打率が高い選手を見るということでしょうか。
まず、レッドソックスはこの指標を用いて打率二割前半でしたが、第二の打率が優秀だった高かったオルティズに注目して獲得しました。

DIMEさんのブログから拝借しますが

>仮に打率を「打者の実態を表すことのできない古い指標」と定義づけ、OPSを「安打、出塁、長打を全て内包した実態により近い指標」と定義づけたとすると、OPSから打率だけを除いていけば、「古い指標によって現れない部分」は極大となってあらわれる。その“極大点”を見出すがために作られた指標なんじゃないのかな。

ということだと思います。
それを私はシンプルに

>ボロスマクラッケンの考えをを完璧ではないが強くあらわしている式といえると思います。

としか述べていませんが。


もちろん、打率+第二の打率という形の見方をすれば、選手の得点力を強く表すとおもいますけどね。
2008/02/12(火) 20:44 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/63-c3b64a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。