上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

フェルナンデス、ダグラス解雇、カリダ支配下登録選手はずれる

ここでは、「フェルナンデス、ダグラス解雇、カリダ支配下登録選手はずれる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

フェルナンデスとダグラスの解雇が発表されました。

フェルナンデス

確かに非常に使い勝手のいい投手なのは確かです。
ナックルボーラーということで肩の負担が少ないため、谷間の先発や敗戦処理で連投など関係なく使うことができます。
そのために他の投手の負担を軽くすることできるというのが彼の最大のメリットでしょう。
しかしながら 92回 1/3 防御率6.02は残念ながら評価できません。

今季のカープの防御率は6球団最下位の4.22です。
今現在必要なのは、とにかく抑えることのできる投手です。
防御率で言えばやはり3点台が一つの目安となるでしょう。
そして、それを即戦力として期待する補強というのは限られています。
助っ人外国人というのはその限られたうちの一つです。
非常にその一枠が大事になってくるのです。
その大事な一枠を防御率6.02の選手に任せることは残念ながらできません。

彼のような敗戦処理や回を食うというのは、長期戦であるシーズン…
他の投手の負担を減らすためには必要なポジション
ではあります。
ただ、92回 1/3 防御率6.02程度であれば二軍の投手数名で入れ替えながら十分にこなせると思います。うまいこと回せば一枠で数名の選手のあげさげにより多くの負担もなく彼の代わりはきくでしょう。

彼のキャラクター前向きなところは見習うところがあるとさえ思っていて、非常に好きなキャラクターでした。

ダグラス

今年は1回も投げられず終わってしまいましたね。
06年は97 2/3回 防御率3.41という好成績をあげました。
今年彼にかかる期待は大きかったですが残念な結果で終わってしまいました。

先発についての考察【2007年】でも述べていますが、先発として必要能力

・7回を目安にしっかり投げれる
・防御率3点台以上

のどちらも当てはまる能力の持った選手です。

07年度、新しく各チーム契約を結び加入した新外国人投手は19名いました。
そのうち、加入してからシーズンを通して投げた(基準は30試合以上or50イニング以上投げた投手)は9名です。(フェルナンデス含む)

そして、その中でも防御率を3点台以上に絞ると4名しかいません。(平均年俸5千万)
こう見てみると、いかに一年目のダグラスの成績が容易ではないかがわかると思います。

ただし、06年も怪我での離脱がありましたし、07年は一イニングも投げれなかった。
そして彼の8千万という年俸を考えると厳しいでしょうね。

選手枠、財政に余裕があったら残したほうがよかった選手だとは思いますが、どちらにも結果余裕はなかったということでしょうね。


また、カリダが支配下登録選手をはずれるそうですね

記事内容の行間を読むと、育成選手としての契約の可能性はありそうですね。
もしそうなるのならば、非常に賛成です。
少なくとも怪我がなければ新外国人の見極め期間にある程度使われるでしょう。
その期間に彼を無理して支配下に入れておく必要はないですね。
来年の6月までに支配下登録選手にあがれるように頑張ってほしいものです。



人気ブログランキングへクリックお願いします☆

スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/7-46923132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
小山田投手にトレードの通告。 横浜と複数人のトレードを通告した と、 今朝の中国新聞紙面が伝えています。 交換選手は近日中に両球団から発表される とのこと。 今季は...
2007/12/02(日) | かあぷ屋さん本舗
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。