上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

負けるな廣瀬!

ここでは、「負けるな廣瀬!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

廣瀬、がんばれ!!(`・ω・´)





廣瀬が二軍でそのまま帰広となりました。
嶋より先に一軍上がる予定だったが、内田コーチの推薦により嶋が先にあがったという情報もあります。

廣瀬に期待しているファンとしては非常に非常に残念な結果です。

確かに怪我をして二軍行きとなった彼に責任はあります。
しかしながら、一軍にスローイングもままならない外野手が2名いたのにもかかわらず、順調に回復をしていた彼がそのまま帰広というのは残念でなりません。

ただ、まだまだ時間はあります。


必ず、一軍の出番が回ってきますから、腐ることなく頑張ってほしいと心から思います


さて、田辺一球氏の有料携帯サイトにてこのようなことが書かれていました。

昨季は83試合に出場して打率2割7分8厘、7本塁打。しかし安打数は44本は07年の自己最多記録47本にも届かず、前田の118安打、森笠の70安打、そしてシーズン半ばから参戦してきたアレックスの87安打にもおよばなかった。

外野のレギュラーポジションを奪おうと思えば、かつての前田や緒方がそうだったように年間120~130安打以上は最低条件となり150安打クリアでやっと一人前である。
キャリアハイは47安打だからあと100安打の上乗せが必要。それが現実だ



これを読んで皆さんはどんな感想でしょうか。

おれは ハッ?( ゜д゜) って感じでした。

まず、安打数を論じているのにもかかわらずその機会…つまり打数に関しては何のふれもないという点は正確に情報を伝えているとは言えません。

また廣瀬の打席を年間500打席で計算すれば120安打を超えます。
彼がそのままの成績を残す保障はどこにもありませんし、彼自身の怪我と不調で年間通して立てなかったという責任はあります。
しかしながら、この田辺氏の書き方では『廣瀬は去年、打力ではまだまだだった』という誤解を与えます。
過去にも書きましたが、外野手の中では彼は上位の打力を見せてくれていました。
今年どうなるかは知りませんがそれは一つの現実です。

もう一点。安打はかなり運の影響を受けると考えていいでしょう。
(過去に嶋から考える野球学で若干ふれましたし、年々の相関関係の打率のの低さからもわかると思います。)

その安打数に打数も考えずに他の選手と比べてどうこう論じるというのは…プロの物書きとしてナンセンスなのではないかなと思います。

携帯HAの編集者K氏の書きものの中にも、06年と比べて07年は不調だったという書き方がされていましたが、これも打率(あとは打点かな。)にしか注目していないということでしょう。
打率よりもよっぽど得点との相関関係の高いOPSは上昇しているのに、おかしい話だと思います。



一軍が帰広した後も、いつ一軍にあがれるのかずっと記事を気にしていましたが、今のところ全く及びはかかりませんね。
ファンとしてもやきもきしている状況なので本人にとっては本当につらいでしょうね。

弱音も吐きたくなる気持ちもすっごくわかります。

ただし、今は一年を戦う上で大事な時期です。
必ず一軍に上がれる日はきます。

それを信じて今は一年戦える力をしっかりつけてもらいたいと思います。



本当に本当に、廣瀬、がんばれ!!(`・ω・´)



やっぱり過去にも書いてるけど、年齢とここ数年の成績を見ると比較的優先してチャンスが与えられてもいい選手だと思うんだけどなぁ。。。

スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

関連タグ : 廣瀬純,

この記事へのコメント
こんばんは。

廣瀬選手はむしろ外野陣の中では
「攻守走」のバランスが一番取れてる選手だと評価しており、
出場機会を与えてみれば底々の成績は残せるどころか、
ひょっとしたら大学の先輩「山本浩二氏」のように化けるかも・・・
なんて前々から思ってるのですが、
如何せん、肝心のところで怪我の繰り返しなのが残念です。

ブラウン監督も意地になってる気がしないでもないですが、
それほど大きな期待をしていたという事の裏返しでは?と思います。

スピード主体の若手も今の勢いでシーズン乗り切れるとは思えず、
必ず必要とされる時が来るはずなので、焦らず腐らず耐えて欲しいです。
2008/03/02(日) 00:14 | URL | 赤むらさき #-[ 編集]
廣瀬は注目してたんですけどね…
アレックスが中堅専業でRF1.99
廣瀬は同じ投手陣の後ろを守って左翼80イニング中堅77イニング右翼207イニングでRF2.27。
逆じゃないとおかしいが、アレックスがそう悪いわけじゃあなく、去年は随分優秀だったことになりますね。
他球団の右翼手に比べても年間で10得点相当のマージンを期待してもおかしくないスタッツではないでしょうか。まあ確かに360イニングが即信頼できる数字になるかは微妙なのは認めますが。
打撃についてもサンプル数が微妙で期待値込みとしても、2年連続でXR+はプラスになっている上にRC27は5点台。昨年の広島ではXR+でプラスの数字を計上した6人の中の一人。6人のうち一人は広島から居なくなってます。高止まりしているOBPの中でちょっと死球が多いところが危険信号かな。
新球場になったときにどうなるのか鍵を握る一人だと思っていますし、戦力が足りないなら監督が「もし本物だったのなら」の方に賭けてギャンブルしてみるのも面白い人材ではないかと思っています。さて負傷ってどの程度なんでしょうか。
2008/03/02(日) 00:39 | URL | 道作 #-[ 編集]
赤むらさきさん、こんばんわ☆

本当に去年も肝心なところで怪我をしてしまいましたね。
山本浩二は別格としても、外野手のレギュラーとしてトータルで十分な成績はだせる選手だと思っています。
やっぱり走攻守…長打力、出塁力、守備力…トータルで優れている選手だと思うんですがね。

道作さん、こんばんわ☆

勝手ながら記事にさせていただきました。
>「もし本物だったのなら」の方に賭けてギャンブルしてみるのも面白い人材ではないかと思っています

おれも面白い人材だと強く思います。
負傷に関してはほぼ問題ないといっていい状態だと思います。
2008/03/03(月) 23:12 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/72-916403ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。