上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

年年の相関関係

ここでは、「年年の相関関係」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

soukann


05年と06年でどちらのシーズンも100打席以上立っている選手を抽出して各成績の相関関係をとったのが黄色の『05年』の数値です。
赤色の『06年』は06年と07年の各成績の相関関係です。

そして、そのどちらともあわせて相関関係をとったのが緑色でサンプル数は115となりました。

100打席以上の野手と絞りましたが、100打席には別に数字的根拠があるわけではありません。
なんとなくです。

相関の数値の見方は、1に近いほど年度年度での成績に相関関係が強い(安定した数値がでている)ということです。
(ただし、若干主も相関の数値の見方には自信がないので、誰か優しく教えてくださいw)

各データに関しては、式そのままです。

第二の打率はこちらでも記事を書いていますので。


TA(Total Average)は簡単に言ってしまえばOPSに盗塁も混ぜた感じですかね。
 TA=(塁打数+四球+死球+盗塁-盗塁死)÷(打数-安打+盗塁死+併殺打)


さて、皆さんはこのデータを見てどのように考えるでしょうか。

自分で考察も時間ができたら書いていきますが、皆さんの考えも聞きたいです。

スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
安定を見るだけの母数とはいえないんじゃないかなぁ。でもサンプル数115って事は200ぐらいにすると50を切るかな、それはそれで統計的な安定は見れなくなるしね、野球を統計的に見るときの永遠の問題だわ。
こうやってみると、第二の打率の面白さっていうか、本来の意図って言うのがある程度出てきてるのかもしれない。マネーボールでいう「生まれつき」の部分。

で、話は全く変わるんだけど、直前のエントリーのタイトル見たときに前田健太の話に違いないと思った私はやっぱり見方が変なんだろうね、打者の方はまったく頭になかったよ(笑)
2008/02/29(金) 12:36 | URL | DIME #-[ 編集]
はじめまして。
ちょっと思ったんですが、この方法だと例えば、「05年の出塁率.300(100打席)、06年の出塁率.350(300打席)」のA選手と、「05年の出塁率.300(400打席)、06年の出塁率.350(400打席)」が同じ結果と認識されてしまうので問題ではないでしょうか?
例えば2年とも規定打席に達している打者を比べたりするのはどうでしょうか?
それと06年の打率の0.04は何かの間違いではないかと...
2008/02/29(金) 12:51 | URL | そーへい #-[ 編集]
はじめまして。
話がえらく長くなってしまいそうだったので・・・コメントではあかんな、とTBにさせていただきました。

さて、野球統計の研究をしている学者は日本国内でも結構いそうです。検索してみるとヒントが得られるかもしれませんよ。
2008/03/01(土) 14:06 | URL | (まめ)たぬき #SMNsiJ/w[ 編集]
DIMEさん、こんばんわ☆

やっぱり打席が少ないですかね。
統計学的にはどのくらいが適正なのでしょうかね。
打席を増やして、その分多くの年度年度で見るということで、やはり莫大な時間がかかりそうですね(^^;)

もうDIMEさんの中では打者前田は消えてますか?w

そーへいさん、こんばんわ☆

打席数に関して、どれくらいが安定した成績になるかという判断が難しいなと思います。
100打席が信頼にうる数だとするならば、100打席→300打席でも問題はないと考えますが。

規定打席だと、サンプル数がかなり少なくなるということで選択しませんでしたが、今後機会があったらやってみます。
ただし、若干絞るにしては多すぎかなとは思いますが。

>06年の打率の0.04は何かの間違いではないかと

是非、そう思われるなら計算していただきたいなと思います。
おれも間違いかと思って何度か見直しましたからww
ただ、打率って他の指標と比べるとその程度のものの可能性もあります。

(まめ)たぬきさん、こんばんわ☆

トラバありがとうございました。
相関という数学的な概念自体、理解が乏しいので、まだまだ勉強しないとなと感じました。

> 2つの測定変数の間に因果関係が本当にあるのか

具体的に、今回私が出したデータでいえばどういう指摘となるでしょうか?

> 他の多数とは明らかに異なる選手のグループがいたら
 プロット図上では傾きの違うグループとして見える
 それを取り除いた後に残るデータを用いての相関係数のほうが
 元のデータに拠るよりも
 説得力のあるものである可能性が大きい

ここに関しても実験のデータならば非常によく理解できます。
自分もそうしてきましたからw
ただし、今回のスタッツのデータで考えると、同じようにその考えがあうかが疑問です。
一番下が100打席という、その少なさからその成績に信頼性がないというのならばわかるのですが。

ただ、散布図のほうにも興味をもちました。
見てみますね。
2008/03/03(月) 23:07 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/75-987fbd53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
『カープを強くしたい!!』さんの 年年の相関関係 というエントリ 打者のことまでは分析する気力のない私にとっても 刺激的な内容なのでありますが ここのタイトルにしている事実があることを思い出し ・・・考え込んでしまったわけです。 あ~こりゃ難しいなあ...
2008/03/01(土) | (まめ)たぬきのネタ手帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。