上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

もういっちょ、廣瀬の記事を連日で

ここでは、「もういっちょ、廣瀬の記事を連日で」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング


前回の記事で道作さんから面白いコメントをいただいたので紹介します。


廣瀬は注目してたんですけどね…
アレックスが中堅専業でRF1.99
廣瀬は同じ投手陣の後ろを守って左翼80イニング中堅77イニング右翼207イニングでRF2.27。
逆じゃないとおかしいが、アレックスがそう悪いわけじゃあなく、去年は随分優秀だったことになりますね。
他球団の右翼手に比べても年間で10得点相当のマージンを期待してもおかしくないスタッツではないでしょうか。まあ確かに360イニングが即信頼できる数字になるかは微妙なのは認めますが。
打撃についてもサンプル数が微妙で期待値込みとしても、2年連続でXR+はプラスになっている上にRC27は5点台。昨年の広島ではXR+でプラスの数字を計上した6人の中の一人。6人のうち一人は広島から居なくなってます。高止まりしているOBPの中でちょっと死球が多いところが危険信号かな。
新球場になったときにどうなるのか鍵を握る一人だと思っていますし、戦力が足りないなら監督が「もし本物だったのなら」の方に賭けてギャンブルしてみるのも面白い人材ではないかと思っています。さて負傷ってどの程度なんでしょうか。



数値に関してわからない方もいらっしゃると思うので補足説明しながら…

RF(レンジファクター)とはRF=(刺殺+補殺)/(守備イニング数)×9の式であらわされ簡単にいえば守備力を評価する指標です。
具体的な数値に関しては、久保拓也さんのサイトにのってあります。
アレックス自体決して悪くないRFです。
それでも、ライト中心に守っていた廣瀬の方が高いというのは非常に優秀であったといえます。
ちなみに、打席での評価になりますが、試合出場を見ても若干ビジターが多めのアレックスに、ホームが多い廣瀬…
少なくとも廣瀬に球場の利があったとは言い難いです。


他球団の右翼手に比べても年間で10得点相当のマージンを期待してもおかしくないスタッツではないでしょうか。

ここに関しては、どのような算出方法なのかはわかりませんが、非常に興味深いですね。
ちなみに、道作さんはラミレスに落とし穴…野球解析で巨人補強を丸裸(上)にて、ラミレスの守備に関して

今季の守備を得点換算すると、「平均的な選手より8点余計に失っている」

というようなことも述べています。
打撃に関してはXRやRCといった形で得点に換算することができますが、守備に関しても具体的な得点・失点評価にうつすことができれば、打撃、守備を加味した一つの数値としてだせることも可能になりますね。

ちなみに、RC27というのは、仮に廣瀬が一人で一試合を戦った場合、平均何点とれるかを表した指標です。(つまり、打者、ランナー共に廣瀬ということですね)
XR+とはリーグ平均の打者と比較して、その打者がどれだけの得点をもたらしたかを表したものです。
07年広島のプラスを記録した6名とは、栗原(+23)、新井(+12)、アレックス(+4)、梵(+2.8)、廣瀬(+1)、前田(+0.8)です。(100打席以上)
ちなみに、ワースト2は東出が-17点、森笠が-10です。

OBPとは出塁率です。ここ数年、.345前後と大きな変化はありませんが、その中で死球率は非常に高いです。
もし仮に一年間出続けることができるとすると、死球数が全野手の中でトップ3に入るくらい、一軍、二軍問わず非常に死球を多く受けています。
一年戦うという上でもこの死球の高さは気になります。
死球は怪我につながりますからね。

打席数にしても、守備イニングにしても数値として信頼性をもてるほどの数ではありません。
ですから、まったくもって彼の活躍を保障するものではありません。
(嶋から学ぶ野球学で述べたように、、四球率、本塁打率、三振率に大きな変化がなくても、内野にとんだ打球がヒットになるか否かによって大きく成績が上下するということもありますから、なおさら保障なんてできるものではありません。)

しかしながら、やはりどのスタッツをとってみても非常に面白い選手なんです。


今年、手塚氏の指導などもあり非常に手応えも感じているようです。


とにかく、一軍で使ってもらいたい選手です。
確かに今、天谷、喜田、赤松とキャンプ、オープン戦とアピールしている選手はいますし、彼らもまた面白い選手だと思います。
しかしながら、ここ数年の成績を見てみれば廣瀬への賭けが最も期待値の高い選択だと思います。


といいつつも、今一番見たいのはライト廣瀬 センター赤松 レフト喜田(天谷)なので全員に賭けることにはなるんですがw



そして、最後にブログの方にトラバしているので廣瀬さんにも見ていただけているようです。
そういうつながりを持てることがうれしく思いますし、ブログの中をみても非常に好感のもてる選手です。


本当に本当に、よっぽど今いる一軍の選手たちが十分な結果を残さない限り出番は回ってきます。
これまでそれだけ十二分な成績を残していますので、戦力が整っているならまだしもそうでなければ廣瀬さんを使わない方がおかしいとさえ思います。

だからこそ、その時のために、


がんばってください(`・ω・´)
スポンサーサイト

>>にほんブログ村 広島東洋カープ
>>人気ブログランキング

この記事へのコメント
 廣瀬、昨年はこんなこと↓も
あったんですね。
 2-3でエンドランのサイン
(ちなみにマーティの多用する
エンドランはセイバーメトリクス
以前の問題として野村監督も指摘
してるようにバント以上に自滅行
為)を出されて三振ゲッツーに
なったり、昨年は運がなかった
ですね。
 今年は未だ二軍生活ですが、
彼の実力が正当に認められる日が
来ますように・・・。


http://blogs.yahoo.co.jp/cha_chan06/17343866.html
2008/04/08(火) 20:07 | URL | りんちゅー #-[ 編集]
りんちゅーさん、こんにちは☆

廣瀬は下でもまだ結果につながってませんね。
いろいろ考える部分は大いにあるとおもいますし、たかが数十打席で実力が即反映されるわけではありませんが、
それでも今の評価では打たなければ上にあがれませんからね。

なんとか『結果』をだして納得させてほしいものです。
今のままいったら下手したら、今年一年あがれないってことだってなきにしもあらずです。
2008/04/27(日) 11:01 | URL | むのん☆管理人 #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://carpvictory.blog89.fc2.com/tb.php/81-cdeb5cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。